2017年

11月

13日

譲渡会ありがとうございました!

きのうはみなさま~

たくさんかわいいっていってくれてありがと~

はじめてのじょうとかいで

いつもの200%ましにちょうしのっちゃって~

たのしくってたのしくって

また12がつもいきたかったけど~

ぼく

にんきものだったみたいで~

あたらしいおうちがきまっちゃうかもって~

ままにいわれた~

 

りょうま☆チワワ

 

 

 

昨日はとても気持ちのいいお天気で、たくさんのご来場ありがとうございました。

特にフリマコーナーはたくさん買っていただけたので、

車に一杯詰め込んできたフリマ隊の隊長は、大変喜んでいました。

かわいい商品は、あさイチで、すぐ売れておりました…さ、さすがお目が高いっ。

また、来月も、山盛り持って来ますので、「最近、アニサポでお買い物してなかったわぁ」っていうソコのあなた!イオンとか、イケアとか、コストコとかばっか行ってないで、アニサポに来てねん♥

 

 

最近、会場を広く使わせていただけるようになって、ゆっくり見ていただけるので、ボランティアスタッフも、気持ちに余裕をもってお話しできております。

せっかく来ていただいたのに、近くで見ていただくのが大変だった頃の皆様には、申し訳なかったなぁ・・・と。

 

しかし、日陰になる場所は、寒いな…と思うときもあったので、

着実に、冬が近づいてきています!

どの子にも、暖かいおうちが早く決まるといいなぁと思います。

 

ご応募いただきました皆様、

こちらでの検討にしばらくお時間をいただきますが、よろしくお願いいたします。

 

2017年

11月

11日

わんわんわんにゃぁ~

皆様、こんばんは~

明日の日曜日は、定例譲渡会です。

11月12日、わんわんわんにゃぁの記念すべき日に。

 

参加する子は、

7ワンコ、15ニャンコぐらいかなぁと思います。

計22カワイイと、元気でおしゃべりな 20ボランティアです。

 

 

お散歩するにも、

ふわふわした子と、お部屋でまったりするにも、

よい季節となりましたので、

新しい出会いを探すには最適のタイミングかと思います!

 

お買い物も、みなさんに楽しんでいただけるよう、フリマ担当のメンバーが車一台にた~くさん詰め込んでやってきますので、お買い得品や、かわいい物など見つかるかもしれません。ぜひのぞいてみてください!

 

では、皆様のご来場をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

 

 

2017年

11月

09日

今週末は譲渡会♪

みなさ~ん、こんばんは~

ぼくちんは、ピーちゃんって男の子なのに、ちゃん付けられた、かわいそーなビーグルです~

 

今度の日曜日にー、

譲渡会っていう楽しーところに行くんだって~ またたくさん犬と人が来るよ~って言われたからさ~、た~くさん、クンクンお尻のニオイかいじゃお~って思ってさ~。今から楽しみ~♪

 

 

でもね、かわいい猫ちゃんたちもたくさんたくさん来るから、ワンワンうるさくしたらあかんよ~って言われてる~。できるかな…ぼくちん、おしゃべりだから…

 

犬た~くさん、猫たくさ~んってどれだけ~ってお母さんに聞いたら、

「今、数えてる…誰か手の空いてる人が」って言われた~。

 

「数え終わったら、またブログで報告しますって言っといて」ってお母さんが言ってるよ~。

ぼくちんは、絶対絶対行くからさ、会いに来てね。

2017年

11月

09日

ちょっと心に留めていただきたいこと。

いつもご支援ありがとうございます。

マイペースなアニサポゆえ、公式ブログも、預かりさんブログも、保護犬猫のことが忙しいと、更新が後回しになりがちですが、皆様の応援いただいた、物資やお志に感謝しながら、毎日、ぼちぼち頑張っております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋市の中村区、中川区、港区などにお住いの方には、特にお知りおきいただきたいし、世の中、こういうこともあるんだなぁと、多くの方にも知っておいていただきたいので、書かせていただきますね。

 

 

犬が大好きで、

外で飼っている犬を見ると、連れ帰ってしまう癖のある人物がいるようです。

もちろん、他人の犬を連れかえれば、窃盗です(盗られた方にとっては心理的には、誘拐ですが、法律上は犬は物扱いですので…)

でもその人物は、精神疾患があり罪には問われないそうです。

精神疾患はあっても、犬が好きなので、連れ帰った犬の世話はしているようです。

 

 

犬を玄関先などにつないで飼っている方、

庭に放し飼いしている方、

庭でつないで飼っている方、

いわゆる外飼育の方、

「敷地内だから大丈夫」ではありません。

侵入し、連れて行ってしまうようです。

「うちの子は雑種だから大丈夫」ではありません。

「犬」が好きなんです。「血統書」が好きなんではないので、なつっこい子なら充分ターゲットになります。

 

 

今は、室内飼育される方が多く、

外飼育の犬は、特に、都心では見かけなくなりました。

アニサポでも、中型犬以上のサイズの子でもほとんどの子は、室内飼育でお願いできるよう、お勉強させて送り出しています。

「外飼いの犬はいませんか?」と聞かれることもありますが、

最近の、猛暑、ゲリラ豪雨、大雪などの激しい気象が、犬にとっても過酷であること、

地震など災害に備えて、室内(ケージ内)でも、おとなしく過ごせることの大切さをお伝えし、どうしても室内に入れられない理由などをうかがってお話しさせていただいています。

外飼育の不安に、もうひとつ、窃盗や、虐待(毒餌を投げ込まれる)など人為的な危険もお伝えする必要があるかもしれません。ほんと、今の時代は、オカシナ事をする人がいますので。。。

 

 

「外飼いの犬はいませんか?番犬にしたいので」と、今も時々聞かれますが、

その犬が!!!盗られないように、せこむさんとか あるそっくさんとかに相談してください!

と申し上げることにいたします。

 

皆様も、十分にお気を付けください。

 

 

 

2017年

10月

24日

足し算の結果、55までとなりました!

いつもご支援ありがとうございます。

猫班は、多数のちびっ子たちを抱え、

募集中のページは相変わらず満員、めくってもめくってもかわいい猫。

犬班はなかなかに重症の子を抱え、ケア中の子ばかりが増え(当然医療費も…あまり先々考えると怖いので、みんなでできるだけ考えないようにしている・・・)

 

はい!今日も頑張るアニサポでございます。

皆様からの応援が、何よりの起爆剤、

幸せになった子たちからの時々の便りが、何よりの心の栄養でございます。

皆さん、ありがとうございます!

 

・・・・・・・・・・・・・

さて、そんな日々の中、

時々…いや、結構頻繁にいただくのが、「ご相談」というメールや電話です。

困っている、あちこち相談しても相手にしてもらえない…と知らない方から突然来るご相談。

そのほとんどが、「飼えなくなった犬猫」のこと。

特に、最近続いたのが、「親が飼っていた犬」のことです。

はい、ご想像通りのやつです。

親が病気になり飼っていた犬の世話ができなくなった、私は飼えない、どうしたら…というやつです。

 

この相談者の方の向こうには、

大好きな飼い主の姿を見失い、寂しくて不安な顔をしたワンちゃんが居るんだ…と、心に思って、誠心誠意お話対応させていただいています。

お寺のお坊さんに相談したら、保健所にと言われた。

獣医さんに相談したら、ジモティーの里親募集に載せたら?と言われた。

ある愛護団体に相談したら、ほとんど話も聞かず、うちは無理無理、と言われた。

そうです。

 

アニサポでも、何か秘策があるわけではありません。

相談者さんに、できる限りの、最低限の責任を果たしてもらい、

私たちができる限りのお手伝いをして、

ご縁が来るのを待つのみです。

 

手間も、時間も、お金もかかります。

 

それでも、

自分を育ててくれた親が心のよりどころにと思って飼っていた、たった一つの命ぐらい、何とかしてやってほしいものです。ほんとお願いします。

具体的な対応方法の細かい説明が半分、

残り半分がそういった、犬は何の落ち度もない、道義的な責任を果たしてほしい、何とかなるから、頑張ってやってください、っていう説得?みたいな話になります。あわよくば、運よくこちらで保護していただけないかしら?ぐらいの期待が30%ぐらいあったりするので、そんなことは無理ですよ、それはおかしな話ですよ・・・というのを心を込めて、失礼のないように一生懸命お話いたします。大体たぶん、私よりずいぶん年上の方だったりします・・・ので、余計に気を使います。

メールや電話で、1時間とか・・・えっと、相談料は無料です、その間、私一切の家事育児、自分の犬猫の世話、ストップします…でも、犬のためにと思って…

 

そういったことを

何度も何度も行っていてですね、

それで、ぜひお願いですが、

犬猫の寿命は、ざっくり15年。

飼うときは、必ず自分の年齢に15を足してください!(子犬子猫の場合)

その頃が、一番お手間も、お金もかかる頃ですよ!

足し算できますか?できますよね?

 

では問題です。

「一人暮らしでは、寂しいし張り合いがないわ」というまだまだ元気な65歳のお母さんが犬を飼いたいと言いました。

あなたは何と言うべきですか?

①「ボケ防止にもなるし、いいんじゃない?」

②「ちゃんと世話できるの?」とだけ言ってお母さんの人生だからと黙認

③65+15=80をしてビックリして止める

④65+5=70ぐらいなら、ありかな?自分も手伝えるかな?と考えて、10歳ぐらいの保護犬を探す。

 

多分、①や②の方が、5年後ぐらいに、アニサポに電話してくるんですよね…

 

 

ほんとお願いします。

どーしても、子犬子猫から飼いたかったら、

55歳までにしてください!

55+15=70

あ~これでも、ちょっと心配(;'∀')

ご夫婦揃ってるとか、ご家族が同居してるなら、って条件にしましょうか・・・

ほんと、足し算しっかりやってください!

 

 

 

 

2017年

10月

19日

身近に起こっている猫の虐待を想像、妄想を膨らませて気にかけてみる勇気

もうこのオバサンは、全力で想像して妄想して、

ひょっとして?と思いながら、でも何の確証もなく

今日のこのブログを書いております。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

多くの猫を虐待し、その動画をネット公開し、賞賛を受けていた人物が逮捕されたという報道がありました。

実際に虐待するニンゲン

自分はやらなくても、それをほめたたえるニンゲン

社会人として仕事していて、家族がいて、フツーに見える人の、何パーセントかが、そういった考えを持ってるのは、ショックです。

 

でも、自分のすぐ身の回りで、そんな人がいるかもしれないとは、なかなか、思えないもの…

 

 

しかし・・・

つい先日日曜の夕方、保護犬の散歩をしていた時、自宅近くで猫の死体があるのに気が付きました。近所に住み着いている野良ちゃんかな…かわいそうに。

事故にでもあったのかな。顔を知っている子だったら、悲しいなぁ・・・

と思って近くに行ったときにお顔を覗くと…

 

 

顔がない。

びっくりして、

近くに行くのも嫌だったけど、

でも・・・よくよく見ても、顔がない。

そして、さらによくよく見たら、お腹がスパッと切れていて、内臓がない。

だからと言って、出血痕もない。

そう、血だまりもないのに、首が切られて内臓もなかったんです。

 

しかも、よく考えたら、そこは車道ではなく、車の入れない堤防上のスペース。

事故で、首が切れますかね?

車道からは高低差もあり距離もあります…

 

頭の中は、???????だらけ。

 

 

何人かに相談しましたが、

やはり、これはおかしいと言います。

どこかで人為的に、このようにされ、この場所に放置されたと疑い、警察にも届け出ました。

 

 

こういったこと、やっぱり身近にもあるんだ・・・

少なくとも、一人の怪しいニンゲンが、私の近くに存在してるんだ。

 

 

そう悟って、2週間後の土曜の昼頃、

車で、川添いの道を走行中、子猫が2匹道の真ん中に倒れていました。

地元の人が通る交通量の少ない道ですが、車にひかれたのかな。

兄弟の猫かな?2か月ぐらいの子でした。

でも、このサイズの子が2匹そろって道の真ん中でひかれちゃうのかな?

何やってたら、こんな事故が起こるのかな?

なんか???が少し出てきて、徐行して通り過ぎるときに、確かに、1匹の子は、ひかれたような跡がありましたが、もう一匹の子は、傷もなく、出血もなく…

 

うう~ん、

なんだかなぁ・・・と思って1~2分ほど車を走らせると、

また道の真ん中に、子猫が。

ひかれたような跡はなく、出血もなくキレイなまま。

しかもさっきの2匹と同じ月齢サイズで、そのうちの一匹と同じような柄。

兄弟だ。

でも、さっきの場所と1キロ以上離れている。

 

子猫の兄弟が、3匹、何キロも道の真ん中を歩き、次々ひかれた?

 

絶対おかしい!

そう思って、引き返し車から、猫を再度確認すると、

出血はないのですが、透明の液体が体の周りに溜まっていた跡が残っていました。

わかりやすく言うと「死体の周りの地面が水で濡れている」

3匹ともです。

 

これは何を意味しているんでしょうか?

また頭の中は、??????だらけになりました。

 

 

 

 

 

こういったことがあって、

思うのは、

私はボランティアをしているので、できたら元気な状態で保護してあげて、里親さんを探してあげたかったな。でも、この子とは、そういう縁がなかったんだな。

ただ、亡くなってからでも私の近くに来たっていう縁(理由)があったんだなって。

きっと何かを訴えたいんだなって。

 

 

 

不幸にして亡くなった子の様子を、勇気を出していろいろな想像をしながら見てあげることが、虐待事件を防ぐ一歩になるかもしれません。その子の命を見送ってあげる供養の一つになるかもしれません。亡くなったこの訴えを聞いてあげる勇気。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

*もし、身近で不審な動物の死体があった場合警察などでは、相談係のようなところが聞き取りをして記録してくれるかと思います。(かといって1匹の猫のために、何か捜査してもらえるとは思いませんが、同じような事案が起こっている場合など、情報の一つにはなると思います)

*3匹の子猫について。

2か月ぐらいの子猫(キジ1、白キジ2)の現場のすぐ横に愛知県内のある地域のナンバーの車が停まっていて、30~40代の男性が一人乗っていました。(現場は愛知県内ではありません)気になる方がいらっしゃったら、お問い合わせください。

 

 

 

2017年

10月

10日

譲渡会ありがとうございました!

三連休の真ん中、日曜日の譲渡会ありがとうございました!

暑かった…予想以上に暑かった…

もちろん夏の暑さとは違うんですけど、涼しい秋に慣れていたので、暑さが身に沁みました。

 

今回は、テントを広く使わせていただけたので、たくさんいた猫ちゃんコーナーも、余裕があって、ありがたかったです。ニャーニャー、かわいい子が満載でしたね。

この時期保護数のピークを迎えているので猫ちゃんのボラさんは疲れのピーク!ではありましたが、みんなで頑張りました!これだけたくさんの子が、いつの間にか、全部決まっていく…はずです。

頑張るしかありません!

 

この日は、秋のお祭りや、あちこちの運動会があったようで、落ち着いた中での譲渡会でした。

 

今回も、いただいたアンケートを順次検討させていただいております。

ご応募ありがとうございます。1週間ほどお時間いただくかもしれません。

よろしくお願いします。

 

また特に子猫ちゃんにつきましては、

来月の譲渡会を待っていると、また一回り大きくなってしまいますので、

気になる子がいましたら是非、「ご家族希望フォーム」から、直接ご連絡ください。

個別の対応もさせていただきます!

 

 

 

 

2017年

10月

07日

20?30?★明日は譲渡会です!

ご支援ありがとうございます。

日々、ご寄付のメールなど絶えずいただいております。ありがとうございます。

 

明日の日曜日は、定例の譲渡会です。

お天気は、晴れ、気温も、28度予想です!

ええ~、昨日も今日もこんなに涼しく、いや、寒いぐらいだったのに~?

 

いつも多くの方にお越しいただいて、お待たせすることも多いので、皆様暑さ対策をお願いします!

 

明日お目にかかるのは、どれぐらいかな?ボラさんが数えたら、ワンコは、5ぐらい?6ぐらい?ですが、ニャンコさんは20?30?????ええー!ほんとにそんなに?っていう数になっています。ちゃんとテントに収まるんでしょうか…?朝のセッティングが頑張りどころの猫チームってことになります。夏生まれの子猫さんたちが、ちょうどいいところまで育っていますので、猫ちゃんとの出会いを探している方にとっては、最適のタイミングかと思いますよ。たくさんの中から、お気に入りの子を選んでいただけますので…

 

皆さんのご来場をお待ちしております。

 

 

2017年

10月

05日

ボランティアが預かる意味

先日夕暮れ時、ミックスの3か月ぐらいの子犬を散歩させているご家族を見かけました。

ワンコは、怖がりさんのようで、何かが怖かったのか、リードで引かれても足が完全にストップ!でも、飼い主さんは、力ずくでぐいぐい引くので、ワンコは、ずるずる~っと引きずられ、飼い主さんは、怒って、何か言って、嫌々抱っこして去っていきました。

 

その方に、話を聞いたわけではないので、勝手な推察ですけど、

もともと怖がり気質の子犬、慣れない外の世界で、音や雰囲気で、もう限界だったんと思います。

アニサポでも、そんな子何頭もいました。

散歩に行けない、歩けない、怖くて怖くて動けない。

そんな気質の子もいるんですよね。

小さな小型犬なら、まぁ、ずっと抱っこしたらいいんですけど、これから、10キロ超えていくミックス犬、いつまでも抱っこってわけにはいきません…

 

フツー、子犬って、無邪気で、コロコロ歩き回って楽しく・・・ってイメージありますよね…だから、この飼い主さんもそんなお散歩を想像して、飼い始めたんじゃないのかなぁ…

 

だけど、その子は違ったんですね。

だからどうしてこんな行動をとっているのかわからず、どうしたらいいのかもわからずイライラしちゃっっているんですね。せっかくの楽しいお散歩タイムが…

もし飼う前に、「この子は、散歩が苦手ですよ。こうやって慣らしてあげてくださいね」とアドバイスがあったら、こうならなかったと思うんですけど…

 

わざわざ、ボランティアから犬猫をもらうって、

なんか、いろいろうるさく言われそうな気がするかもしれませんが、

きちんとしたボランティアなら、健康面のケアはもちろん、その子の性格や癖も、よく見てご紹介できますので、今後飼ううえで、参考になると思うし、対策もできると思うんですよね…

上手にその辺も利用してもらうといいのにって思います。

 

 

先日もですね、

名古屋市愛護センターさんから、ワンコを引き出したんですけど、自宅に連れてきてみると、センターさんで見せていた姿と違うところが見えてきたってことがあったんです。

えっと、その子、とっても人懐っこい子なんですけど、なぜか?暗い時間にスーツで帰宅する旦那に歯をむいて、すごい吠え付くんです。旦那にはすごく懐いているのに。スーツで帰宅すると、ギャオギャオ吠えて、大急ぎで、1分後にTシャツ・短パンに着替えて行くと、もう、しっぽ振ってキャンキャン甘えるっていう…いや~、中身同じ人なんだけど~わからないの?って、すごい不思議。

名古屋市愛護センターさんは、とても丁寧にお世話して日々の様子も細かく記録されて、どんな子か詳しいレポートもつけて渡してくださるんですけど、「フツーのお家で暮らすとどうか?」は、ボランティアが自宅に連れ帰ってみないとわからないところもるんですよね・・・これはセンターさんが悪いわけではなくて、ここが今後のボランティアの存在意味っていうことだと思います。

 

どこのセンターや保健所も、

さっ処分ゼロを、目指すっていう時代になってきました。

捕獲されて3日で処分、って時代は終わりつつあります。

ボランティアが処分主義の保健所と対抗するように、必死になって無理してでも、保護しなきゃいけない時代は終わりつつあります。

 

じゃ、ボランティアって、何したらいいの?っていうことがこれから出てくると思います。アニサポでは、処分されないように、とにかく保護する…シェルターや、保護施設を作ってたくさん保護するっていう方向は全く考えられないって思ってます。

自宅で、人と一緒に暮らす経験をしてもらって、その子のことを見極め、丁寧に譲渡していきたいです。

 

処分されないように保護する

のではなくて、

譲渡するために保護する

 

そういった考え方で、やっていきたいなぁと思っています。

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

29日

なんもしてない…

いつもご支援ありがとうございます!

ふと気が付けば今年の動物愛護週間、終わってました…

ブログなどを拝見すると、多くの団体さんがこの時期にいろいろなイベントをされていましたね。

今や多くの方がさっ処分や保護犬猫のことに関心を持っていただいていているので、にぎわっていたのかなぁ。

 

アニサポは、なんもしておりません。誰も一言も、「・・・なんかする?」ともいいません。やるときはやる、やらない時はしない・・・。なんもしない。アニサポらしいっていうか…

 

 

そんなわけで、

イベント的には何事もなく、

いや実は、犬拾ったり、犬洗ったり、大慌てで、医療ケアしたり、

猫拾ったり、猫ミルクやったり、洗っても洗ってもきれいにならない猫洗ったり、

いろいろして、次回の譲渡会には備えております。

 

愛護週間は何もしてませんが、その分の気持ちを

次回の譲渡会にドカ~ンとぶつけて頑張りますので、

なにとぞよろしくお願いいたします!

 

次回は、10月8日(日)いつもの長楽寺さんにて。

 

今週末は運動会のところが多いようですね。

皆様、秋のご予定は今週終わらせて、

10月第2週は長楽寺さんへ。

よろしくお願いします!

2017年

9月

14日

お中元などお心付けはお断り(怒)の件

いつもご支援ありがとうございます。皆さんからの募金、ご寄付で活動できているアニサポですが、

このようなお中元は一切お断りしています。

 

先日メンバーの実家の工場の敷地内に、早朝見慣れない箱が置かれていました。

中を開けると、子猫が3匹。

メロンがちょうど2個入る箱に、ぎゅうぎゅう詰めの子猫。ご丁寧に、「お中元」って熨斗がついていました。

 

気が付くのも、それからの対応も早く幸い、子猫たちは生きています。

 

あのですね、

アニサポがこんなできごと書くと、ちょっとお笑い要素入っちゃって、もちろん、この子たちはメロン隊とよばれていますしね、すごくかわいい子たちなんで、間違いなく、いい子に育てて、びっくりするぐらい素敵な里親さんを探す気満々なんですがね…

だから、猫ちゃんたちはぜんっぜん、心配していただかなくて大丈夫ですがね。

 

 

 

大変、僭越ながら、

何が問題って、ここに捨てていった人のココロです。神経です。

工場を閉めるときはここになかった箱、人が来るのを見計らいしかも自分は見つからないようにそっと置かれた箱。この工場には、猫を大切に思っている人がいるってことを知って置かれた箱。まるで、「空き地にポイと捨てるよりは、私、優しいでしょ?」とでも言っているようで大変腹立たしい。

どうしたら見つからず、殺さないで捨てれるか考える知恵もあり、しかも、メロンのお中元を2個ももらえる?買える?経済力もあるのに。

 

無責任で、非情で、ずるがしこく、言い訳満点で置いて行った人物の腐ったココロと消費期限切れまくった神経はもう、吐き気がいたします。

 

今後このようなお心付けはお断り申し上げます。

 

2017年

9月

11日

譲渡会ありがとうございました!

日曜日は7月以来の定例譲渡会でした!

たくさんのご来場ありがとうございました。

 

今回もかわいかったんですよね…かわいい子が多かったんです。久しぶりだったんで、数も多かったんですけどね。

アニサポのアンケートは、第3希望まで書いていただくようになってるんですけど、選べない~!順番なんてつけれない~!どの子もかわいい~!っていう方も多数いらっしゃいました。

悩みますよね~

ご家族皆さんの意見もまた微妙に違ってくるし…

 

でもなんとか、ご記入いただいたたくさんのアンケート・・・

今度は、私たちが、決めれない~どのご家族もいいし~、と悩ませていただきます。それぞれの子にピッタリのお宅を様々な条件や、お人柄やらで決めさせていただきます。

もうしばらくお時間をいただきます。よろしくお願いいたします。

 

 

でも・・・「あれ?こんなにカワイイのにご応募なかったなぁ…」っていう子が今回もいるんですよね~不思議なんですけど、そういう子が次回の大注目の的になったりするんですけどね。「まだ、世間があなたの可愛さに気が付いてないのよ!」

っていうことで、すでに次回を見据えている子もおります。

 

また、今回もたくさんのご支援をいただきました。いつもありがとうございます。

毎回、何かしら大荷物を運んでくださる里親さんや、私たちとは、今まで何のご縁もなくても、ご信頼いただいて、わざわざ物資を託してくださる方など、今回も、写真のようにたくさんの物資をありがとうございました。預かりスタッフみんなで分けさせていただきました。

 

もちろん、いつも開催を支えてくださっている長楽寺のスタッフの皆様など、多くの方のおかげで、今回も無事終わることができました。多くの犬猫たちが、新しいスタートを切ることになりました。

 

すべての方に感謝して☆

 

 

 

 

2017年

9月

07日

日曜日は定例譲渡会です!

いつもご支援ありがとうございます。

9月に入って、少し過ごしやすい気候になり、ほっとしております。

8月は、定例の譲渡会を暑さのため、お休みさせていただきましたので、9月の第2週、10日(日)長楽寺さんでの譲渡会は、久しぶりになります。

今回も、たくさんの可愛い子たちが出番を待っています。

 

今のところ、お天気は、大丈夫そうですね。

たくさんのご来場お待ちしております。

 

 

特に今回は、フリマに力を注いでおります!

8月がお休みだったため、医療費がどんどん出ていくばかり…でございましたので。

今回は、た~くさん買っていただきたいなぁ~と。

お買い物大好きなみなさ~ん。

ご来場お待ちしておりますよ~

 

 

お値打ちな犬猫グッズや、

犬猫モチーフのかわいいハンドメイド雑貨など、いろいろ揃えております。

売り上げはすべて犬猫の医療費となります。

楽しくお買い物していただくことが、犬猫たちのためになります。

ご協力お願いします!

2017年

9月

07日

百貨店で譲渡会!ってニュース見ました?

8月末に、ネットニュースで拝見したんですが、

東京 新宿の京王百貨店で、200匹ほどの猫ちゃんたちが参加した譲渡会が開催されたそうです。多くの保護ボラさんが関わっていらっしゃるようで、今から検索してみても、どんな様子だったか、覗けそうですよ。

 

2日間の開催で、入場制限がかかった時間帯もあったとか。

たくさんの猫ちゃんにご縁があったんでしょうねぇ…

 

すごいですね…

百貨店の催事場で、猫ちゃんの譲渡会が行われる時代についになったんですね!

 

 

 

保護犬、保護猫といえば、ちょっと前まで、さっ処分が当たり前で、

保健所に捕まったら、殺されるのが当たり前で、

もういらない、邪魔だ、迷惑だとゴミのように捨てられるのが当たり前で、

 

そんなものを、せっせと拾っている(保護している)人たちは

ちょっと変わった人、扱いでしたが。

 

犬猫を保護するボラさんや団体もたくさんできて、

保健所も、ボラと協働で処分を減らす方針になり、

保護犬猫を家族に迎える方も、とても多くなりました。

そしてついに、

百貨店で譲渡会が行われる時代に!

 

しばし、スマホの画面を見つめながら、

時代が変わっていくんだなぁということを感じました。

 

もちろん、東京での一事例であって、

アニサポの地元、東海地区で、

そんな日が来るのは、いつか分かりませんが、

 

すでに、わたくしたちの心意気としては、

「百貨店に出す大切なモノを、せっせと保護してかわいくして、育て上げてる♪」気分になっております!目の肥えたマダム、奥様、セレブ方にも気に入っていただけるかわいい子たちを、すでに多数揃えておりますわよ~おほほほ~  気が早いっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

8月

28日

8月にゃんこの譲渡会 最終回 ありがとうございました!

26日(日)は、アニサポ☆にゃんこの譲渡会でした。

たくさんのご来場ありがとうございました!

 

スタート時から、続々のご来場、参加していた猫ちゃんの数も多かったので、皆さん、順番にゆっくり見ていただいていたら、一時はなんだか、満員御礼~っていう感じにもなっておりました。

 

この日は、あちこちのボラ団体さんも譲渡会をされていたようでしたね。その来場者さんも合わせると、本当にたくさんの方が、保護猫(犬)に、関心を寄せて実際に行動されていた日だったと思います。お子さんにとっては、夏休み最後の土日に、譲渡会で、新しい家族を探す…なんだかステキですよね。

 

アニサポの猫ちゃんたちにとっても、一番かわいいこの時に!皆さんに見ていただくことができて、大切にお世話していたボラにとっても感謝の日でした。特に生後数か月の子猫ちゃんは、数週間でグッと大きさが変わるので、今の可愛さを「どうどう?見てみて~」って心の声が、ボラさんから漏れていましたっ。

 

それぞれの子の育ち具合や性格と、ご希望者さんの現状をお話しいただいて、ご相談に乗りながらアンケートを書いていただきました。たくさんのご応募ありがとうございます。昨日終了時より、担当者がじっくりアンケートを見せていただいています。どの子にも良いご縁が決まるよう丁寧に検討させていただいておりますので、少しお時間をいただきますが、お試しをお願いする方には、順次ご連絡をさせていただきます。

 

 

 

もし、

1週間ほどたってもご連絡がない場合は、ご応募多数などのそれぞれの理由で、

今回は、ご縁がなかったということで、ご了承くださいませ・・・

 

 

 

 

次回は、9月10日(日)長楽寺動物動物霊園さんでの、定例の譲渡会となります。

かわいい猫ちゃん多数、8月はお休みしていたワンコチームも、もちろん参加します!お休み中にもせっせとかわいい子を集めていたんですよ~うしし。

皆様のご来場をお待ちしております!

2017年

8月

25日

日曜日は、譲渡会ですよ~

8月ももう終わりだっていうのに、昨日も、今日も暑かった。だから明日も暑いんだろうなぁ・・・

ほんと、東海地区、暑すぎます!

 

だからこそ、今月のアニサポ☆にゃんこだけの譲渡会、室内でさせていただけることに、深く感謝いたします・・・

 

猫ちゃんたちにとっても、落ち着いた環境で、見ていただけるし、触っていただいたり、お膝にのせていただくチャンスも多くなります。

猫ちゃんとの新しい生活をと考えていらっしゃる方には、とってもいい機会だと思います!

 

なんと、今回は、約30にゃんこの参加を予定しています。

カワイイ×30

どうしましょ~(*_*; 選べます?1匹だけ、とか、選べますぅ?

前回も、ああ~どうしよう、どうしようと、悩みに悩んでみえた希望者さん、たくさんみえましたので、この日曜もきっと、そんな方が続出ではないでしょうか?

 

写真の3兄弟ちゃんたちは、一足お先に里親さんが決まった子たちです。

よくできた羊毛フェルトの人形じゃないんですよ!本当に生きているんです…

もう、かわいいったら。

こんな小さな子から、もう少ししっかり成長して安心サイズの子まで、たくさんやってきます。どうぞお楽しみに~♪

 

 

 

どんな子が参加するかは、「ご家族募集ネコちゃんたち」をご覧ください。

*掲載されている中でも都合により一部お休みする子も出てくるかもしれません。「ぜひこの子に会いたい」というご希望の方は、事前にメールにてご確認をお願いいたします。

 

8月27日(日)

11時~15時

「もりの風 子ども園」さんにて

名古屋市守山区吉根太鼓ヶ根3231-29

 

 

2017年

8月

22日

若者さんよ頑張って。

お盆明けてやっと更新するアニサポでございます。

ご無沙汰しております。

アニサポの皆さんは、毎日保護犬猫をお世話して、家族の帰省や家族旅行もなんとか乗り越え、せっせと新しい子を保護したり、こまめにご相談案件に対応したり、頑張っているんですけど、公式ブログはだけは、夏休み気味…

 

そんなサボリ体質のアニサポが言うのもなんですが、

 

先日ですね、

どのかの大学の、動物関係の学部の学生さんからメールが来ましてね、「卒業論文を書くために、改正された動物愛護法についてのアンケートをお願いします」みたいなお話だったんです。動物保護についての研究?をされるようなことだったんですね。きっと、たくさんの愛護団体?ボラグループ?に送っていたんでしょうね。ご協力頂けるなら、返事くださいということだったんですね。

 

最初ちょっとね、

あー、難しいアンケート内容だったら、めんどくさいなぁとは、ちょっとね、思ったんですよ。なんか、法律とかね、難しいじゃないですか、漢字とか多いし。頭使わないと答えられない設問だったら、自信ないし。

だからね、

「どうする~これ答えるぅ~?」

って聞いたら、オトナな、メンバーに、「答えて差し上げなさい」と諭されましてね。

 

「犬猫拾うの好きで世話するのが好きなフツーのおばさんでも答えられそうな内容でしたら、協力させていただきます」って逃げ道作ったうえで(おばさんはズルい)お返事したんですね。

 

 

そしたらね、

後日、

「今回の調査は、見送りすることにしました。」ってお知らせが来たんですね。「法に対する認識の甘さ、調査方法や、研究結果の公開方法についてなど、厳しいご指摘をいただきまして・・・」みたいな理由だったんですけど・・・

 

なんかね、想像ですけど、

この学生さん、いろいろ言われちゃったんですかね?

なんも知らん若者が、エラそうに研究とか言ってんじゃないとか?

そんな研究が本当に犬猫の為になるんかとか?

なんだろ?詳しくはわからないんだけども・・・

 

 

まぁ、今までにも、小学生さんの自由研究とか、

大学生さんや、専門学校生さんのボランティア活動とかにも、

協力させてもらってきましたが、

それは、すべて、将来こういった保護活動が身近で当たり前のものになってほしいという思いからでした。私たちが、足腰弱って(;^ω^)もう犬猫抱っこして歩けなくなる頃には、この子たちがせっせと保護してくれてるようにと…

 

卒論に、っていうことだと、もう社会人に近いから、

社会の厳しさを教えてやればいいのよ!っていうご意見もあるかもしれませんが、

なんかね、せつなーくなりましたよ。

この「見送り」のお知らせをもらってね。

 

日々たくさんの、保護した子のお世話や、新しく保護する子のことで、余裕がないボラさんがたくさんいらっしゃるとは思いますが…

将来を引き継いでくれるかもしれない若者にいきなりガツンと、教育的指導かぁ~ってね。

 

まぁ、若者さんよ頑張って。

取り組もうと思った気持ちを大切に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

8月

07日

8/6 譲渡会ありがとうございました!

おはようございます。

今日は台風が接近中のアニサポ地方です。風や雨の音で、ナイーブな子たちは、きょろきょろしておりますが、何事も動じない派の子は、いつもと変わらず、エアコンの前で、ゴロンとしております…犬も猫も、いろいろな子がおりますね。

 

さて、昨日は、アニサポ夏の臨時にゃんこ☆譲渡会、第2弾!でございました。

たくさんのにゃんこと、たくさんのボラスタッフと、「今日こそ、新しい家族を見つけるぞ!」という真剣勝負のご来場者様と、が熱い思いで涼しい室内にのんびり座り込んで、ゆっくりと猫ちゃんたちと触れ合っていただきました。

落ち着いている子は、サークルから出してもらってお膝に乗ってなでなでしてもらったり、「抱っこしてくれ~」と、にゃおにゃお激しくリクエストする子もいたりで、それぞれの個性を発揮していましたよ。じっくりと検討していただくには、最適な環境だったと思います。

 

アニサポの猫ちゃんたちの多くは、小さな時から人の手で愛情いっぱいに育てられてますので、「かまってちゃん」が多数…触ってほしいの~、遊んでほしいの~と、甘えん坊。昨日のスタート直後は、みんな、にゃおにゃお、に~に~、ひゃぁひゃぁと、おしゃべりの声がすごくて、ちょっと笑っちゃいました。

 

一方、もちろん、中には、少数派ですが、

保護前にたぶんいろいろな苦労をしてきたからでしょう、怖がりさんもいます…

その子たちは、身を潜めて静か~にしていましたが…

こんな、怖がりさん達は、少しでも人慣れするように、アニサポには「怖がりさんのケアが得意なボラさん」チームがあって、「この子は、ちょっとリハビリが必要だわ」となると、預かり移動になり、人慣れするようにあの手この手で、修行をしてもらっております。すると、その子なりの成長を見せてくれるんですねぇ…猫ちゃんだって、経験や、愛情で変わるんですねぇ。もう、私たち、どんなちっちゃな伸びしろも、見逃しませんわよ!少しでも、かわいいって言ってもらえるように、頑張ってお勉強しましょうね。

 

 

ということで、

今回も無事譲渡会は終了しました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 

夏の臨時にゃんこ☆譲渡会、

あと1回あります。

 

8月27日(日)です。

 

それまでに、またまた、小さな子をせっせと育てて、

リハビリも、修行も頑張ってもらって、

いい子になるようお世話しておきますので、ぜひ、このチャンスに

たくさんの子の中から、じっくりご縁を見つけてくださいね。

では、では、

27日お待ちしております!

 

2017年

8月

02日

7/30の譲渡会ありがとうございました、そして・・・

7月30日(日)の譲渡会はたくさんのご来場ありがとうございました!20ぐらいのにゃんこが来る予定とお知らせしたのですが、結局30ぐらいだったので、たくさん見ていただけたかなぁと思います。

無邪気なちびっこさんは、会場でもこんな感じでリラックス~♡

 

 

そしてあっという間に、もう週の半ば、また週末は同じ場所で!同じ時間で!譲渡会を行います。今のところ、20ぐらいの可愛い盛りの子が参加予定ですよ。(またほんとかしら?ウフフ)ですので、前回、たまたまご都合がつかなかった方安心してくださいね。またまた、たくさんの中から、あなたにピッタリの子を見つけていただけますよ~

 

 ミニミニ☆フリマも

担当のおねぇ様に気力と体力が残っていたら

会場の片隅にあるかもしれません…

 

たくさんのご来場をお待ちしています!

 

2017年

7月

25日

盂蘭盆会にて・・・

「置かれた場所で咲きなさい」というようなタイトルの本があったかと思いますが、人は、自分の今の状況に不満やストレスがあって、人のせいにしたり、自分の不運を恨んだりします。今ここにいて(望まないことかもしれないけど)やることがあるというのは、やはり何かの理由があったり、自分の選んできたことの結果なんだけど。

 

なのに、文句タラタラなんですよね…

ごめんなさい、申し訳なかった。

 

ここは

盂蘭盆会の始まる前の長楽寺さんの本堂です。

この景色を見て、私は大いに反省しました。

この子は、長楽寺の境内で生きる意味や、今日という日は何の日か、まるですべてわかっていてここにじっと座っているのです。そして、カメラ目線です。

お勤めご苦労様です。

恐れ入りました。

 

 

長楽寺さんの盂蘭盆会は、周辺道路が渋滞し、2~3時間の参拝待ちの行列ができる大きな法要ですので、気軽な気持ちで、ちらっと覗いていただくことはちょっと難しいので、なかはどんなんなんだろう?と思われるかたも多いかと思います。

人間の法要でも「お盆の送り火」ってありますが、お別れした犬猫たちの為に行うのが、長楽寺さんの動物盂蘭盆。

境内は法要待ちの列がずっと続き、僧侶の方は読経の中一つ一つの子の名前を読みあげ、卒塔婆を大きな炎の中で炊き上げます。これが送り火なんですね。炎とともに、また天へ帰っていくんですね。

その後、わんちゃんねこちゃんへの思いを書いた短冊を提灯につけて、ろうそくを灯します。

夕刻から夜にかけて、薄暗くなる中、だんだん増える提灯の光。

 

 

忙しいのに、暑いのに、じっと、静かに待っている順番を待つ方々。

どの方も、同じ思いでここに集まっているのです。

 

 

今年は、昼過ぎから雨が降ったりやんだり…

開始ごろの4時は、傘が必要なお天気だったのですが、遅いお時間は、天気も落ち着いていました。

アニサポテントでは、雨に合わせて、フリマの作品を広げたり、片づけたりと、忙しくしておりました。犬猫の陶器や、雑貨など、たくさんお買い物していただきありがとうございました。

今保護している子たちも、いつまでもこうやって思っていただける家族と出会えるように、丁寧な譲渡をしていこうと、改めて思いました。

 

 

 

 

続きを読む

2017年

7月

25日

7月30日(日)はアニサポ☆にゃんこの譲渡会

この週末は、臨時「アニサポ☆にゃんこの譲渡会」なので、準備を始めております。

今回の出席予定は、子猫ちゃんを中心に約20猫ちゃんたち!

どの子も、それぞれ個性的で、かわいくて、いい子ばかりです。

べたべたの甘えんぼさんがお好きな方!

ツンデレのクールな子がお好きな方!

無邪気な元気いっぱいの子がお好きな方!

色柄に特別な思い入れのある方!

 

皆さんの猫愛に充分お応えすることができる!と確信しております。

20にゃんこもいたら、きっとあなたの運命の子がいるはず(♡)

 

この写真は、今回もお世話になる「もりの風子ども園」さん(名古屋市守山区)で、昨秋に行われたにゃんこの譲渡会の準備風景です。きれいで快適な室内で、ゆっくり猫ちゃんたちを見ていただけます。

 

いつもの譲渡会は、野外ですので、猫ちゃんの脱走を防ぐため、サークルから出せない子も多いです。また、ご来場者様もとても多く、ゆっくり見ていただくスペースもない場合が多いです。

でも、30日の譲渡会では、広い室内ですので、ほとんどの子とゆっくり触れ合っていただけますよ。

 

私たちボランティアも、いつもより余裕をもって対応させていただけるので、日頃の様子などをゆっくりお話しできると思います。

 

前回の秋の譲渡会では、多くのお子さんもご両親と来場されて、楽しそうに猫ちゃんたちと触れ合っていました。いろいろな子の中から選んでいただけるので、ご家族皆さんで、どうする?どうする?と時間をかけて相談される姿をたくさんお見かけしました。

 

今回の譲渡会でのご縁なら、

夏休み中にトライアルをスタートできるので、特にお子さんがいるご家庭には、最適なタイミングですね。

子猫ちゃんの成長の様子や、保護犬猫についての研究など、

夏休みの自由研究や、絵日記の宿題にも、ぴったり!!!ですね☆

あはは、もちろん、宿題のために譲渡することはないんですけど、

でも、新しい家族を迎えるっていう大きな経験、猫ちゃんと一緒に成長するっていう体験、とても素敵なことだと思います。

 

ご来場お待ちしています。

 

「アニサポ★にゃんこの譲渡会」
<日時>

・7月30日(日)11時~15時

・8月6日(日)

・8月27日(日)
<場所>「もりの風子ども園」 さんにて
名古屋市守山区吉根太鼓ヶ根3231-29

・駐車場は50台ほどあります。
・冷房完備の涼しい室内で、ゆっくり猫ちゃんたちと会っていただけます。
・今回は、ワンちゃんの参加はありません。

 

☆Hさん、今回も会場のご提供ありがとうございます。

お気持ちにこたえて、1匹でも多くの子が幸せになるよう、頑張ります。

 

 

2017年

7月

20日

7月23日は長楽寺さんの盂蘭盆会

皆様、あっっつい中、お元気でお過ごしですか?

犬猫のためと、言い訳をして、エアコンガンガンにつけて、ごろごろしてませんか?

暑すぎて遅い時間しか散歩に行けないわ~ と言いつつ、気が付いたら真っ暗になっていて、「わぁ!もうこんな時間!」って大慌てしたりしてませんか?

こんなに暑いと、正直、毛が全身に生えている犬や猫なんか、誰も、触れ合いたくないですよね?「遊んで~ねぇ、遊んで~」ってくっついてきますからね。汗で湿った足や手に、犬猫の毛がくっつきますからね。

 

ああ~も~、ほんとに「快適」とか、「さわやか」ってどんなだったか、思い出せませんね。

毎年、暑い夏は来るとわかっているのに、なんで、犬猫をつい飼ってしまうんでしょうね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、どんなに暑苦しい子でも(;^ω^)

どんなにお手間のかかる子でも

 

今までいた子がいなくなってしまうというのは、

本当にさみしいものです。

 

ましてや、賢くて、優しくて、可愛らしかった子を失うというのは、

言い表せないくらいつらいものです。

 

 

長楽寺さんの盂蘭盆会にお邪魔して、

暑い中、大渋滞の中、途切れることなくお参りに訪れるたくさんの人の列を見ながら

同じ思いの人が、こんなにいるんだなぁと、思います。

励まされるというか、なんとなくの一体感というか、そういう空気を感じる時間です。

 

亡くなってしまっても、

心になかにずっと居るんだということを

改めて思います。

 

 

 

 

当日アニサポは、

長楽寺さんのテントをお借りして

皆さんのお気持ちに沿えるような品をフリマとして出させていただきます。

特に今回は、クラフト作家さんが、心を込めて作っていただいた可愛らしい作品が多く集まっています。売り上げはすべて保護犬猫の医療費となります。

また、募金箱も置かせていただきます。こちらも医療費に使わせていただきます。

 

「今はまだ、新しい子を迎える気持ちには、なれないけど…かわいそうな子たちのために使ってくださいね」と、募金いただくことが多いです。

私たちもそのお気持ちを引き継いでいきたいと思います。

 

ご参拝予定の皆様、

ぜひお声掛けくださいませ。

 

 

7月23日(日)16時ごろから

長楽寺動物霊園さん「盂蘭盆会」 

境内のアニサポテントにてお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

7月

13日

出発!赤ちゃん猫

朝早く、ボランティアのちーさんの携帯が鳴りました。

「あれ?知らない番号だわ…もしもし~?」

「あ…もしもし、犬猫のボランティアさんですか?」

ちーさんは、捨てられた犬や猫を保護して、新しいお家を探してあげるボランティアをしています。だから、この電話は、きっとかわいそうな犬や猫のこと!とピンときました。

「はい、そうですけど・・・どうされました?」

「あの…今、トラックで配達に出発しようとしたら、荷台に子猫がいるんです。配達の時間が決まってるから困っちゃって…保護してもらえませんか?ぼく、トラックの運転手なんです。」

「それは大変!でも・・・私だって急にこんな朝早くから…今日の予定もいっぱいあるし…子猫は元気そうですか?どんな大きさの子?」

「もぞもぞ動いてはいるけど…目が開いてなくて、とっても小さいです」

「ええ?目が開いてない?ひょっとして子猫どころか、生まれたばかりの赤ちゃん?だったら、一刻も早く保護してあげないと!」

 

これは大変なことになったぞ、とちーさんは思いました。

赤ちゃん猫は、とても敏感で、寒すぎても暑すぎても、ちょっとお腹がすいてものどが渇いても…あっという間に弱ってしまうんです。

「こちらに連れてきてくれたら、お世話しますよ。」

「え、でも、ぼくは大切な配達があるんです。今すぐ出発しないと!」

「私だって、仕事や、約束や、やることがあるんです。急に言われてもすぐにそちらにとりに行くことなんてできないですよ…」

「・・・・じゃぁ、どうしようもないですね・・・」

トラックの運転手さんは、悲しい声で、電話を切りました。

ちーさんだって、心が張り裂けそうです。

切った電話の遠くから、赤ちゃん猫の「にゃぁにゃぁ」という小さな鳴き声が聞こえていたんです…

 

携帯を持ったままちーさんは、トラックの運転手さんが今から配達するといっていた方向を頭の中で思い浮かべました。どうしよう、どうしよう、何とかならないかな。誰か…誰か、手伝ってくれる人はいないかな…と。そして、「あっ!」と声をあげました。慌てて電話をかけました。

「もしもし?運転手さん?ゆめが丘保健所ってわかります?猫ちゃん、そこに連れてってもらえませんか?」

「え?保健所に?」

「そう、そこにね、知り合いの獣医さんが働いてるんですよ。その人に保護してすぐにお世話してもらうよう連絡しますから!」

「うう~ん、場所はずいぶん近くだけど…配達の予定はもう遅れ気味で…ぼくが届けに行くわけには…」

運転手さんはずっと考えて、「わかりました。何とかします。」とだけ答えて、電話を切りました。

 

ちーさんは、ゆめが丘保健所で働いているしー先生に電話しました。

「しー先生、朝からごめんなさいね。今から、赤ちゃん猫が保健所に行くから、ついたらたっぷりミルクを飲ませてあげて!」

 

しー先生にお願いしたあとも、ちーさんは、運転手さん、配達どうしたんだろう、赤ちゃん猫は本当に保健所に行けるのかな… と心配でした。

 

すると、そこに、また電話が!

「もしもし!運転手さん?どうなりました?」

「今ね、猫ちゃん出発しましたよ。保健所に向かってますよ。」

「ええ?出発した?向かってる?」

「着いたらお世話お願いしますね!ぼく、配達行ってきます!」

 

 

しばらくすると、しー先生から電話がかかりました。

「ちーさん?赤ちゃん猫たった今つきましたよ。すぐにミルクをあげるわね。もう、びっくりしたわ・・・赤ちゃん猫、タクシーに乗ってきたわよ!」

「え?タクシー?」

「そう、タクシーに乗ってここに来たわ。ひとりでタクシーに乗ってきたのよ!」

なんと、赤ちゃん猫は、小さな箱に入れられて、タクシーに乗ってたったひとり?でやってきたのです。小さな、小さな赤ちゃん猫は、生後2,3日、100gもない子でした。「私もね猫は大好きなんですよ。でもね、お客さんとして乗せたのは初めてだよ。しかもこんなに小さなお客さんは新記録だね。」と、タクシー運転手のおじさんは、にこにこ笑っていたそうです。

 

 

まだ、目も開いてなかった赤ちゃん猫は、トラックの運転手さんの心配そうな顔も、タクシー運転手さんの優しい顔もわからなかったでしょう。しー先生がおいしいミルクを急いで作ってくれたことも覚えていないでしょう。

でもね、みんながあなたの幸せを祈って一生懸命してくれたことは、忘れないでね。

安心して、大きくなってね。

と、ちーさんは、携帯電話を持ったまま、お家の窓からゆめが丘のほうを見ていました。

2017年

7月

12日

お別れの多い季節

梅雨というか、夏というか、

真夏よりかえって暑く感じて、不快指数も上がるこの時期…

 

人間もつらいですが、

小さなワンコ、ニャンコにとっては、もっとつらいかもしれません。

身体にハンディを抱える子や、シニアの子ならなおさらです。

だから・・・

ですよね、

悲しいお別れがどうしても多くなります。

 

 

あの子も、え、あの子も?・・・

という中でも、

特にアニサポ応援団、ご支援いただいている皆様にお知らせしたかったのは、

アニサポで里親さんを募集していた、マルチーズのレオン君とのお別れです。

 

命に係わる心臓にハンディを抱えていることがわかり、

できる限り快適に過ごせるように預かりボラさんが、一生懸命お世話してくださって、約5か月…楽しく元気に、甘えん坊全開で、過ごせた日もたくさんありましたが、残念ながらお別れの時がやってきてしまいました。

 

 

アニサポでは、自分たちの責任をもってできることをよくよく考えて、

「よい里親さんを探して譲渡する!」前提で、どの子も保護しています。

レオン君も、良いご家族を見つけてあげたかった。

奇跡が起きたらよかったけど。

 

この子が、犬生最後の5か月を、アニサポのもとで、預かりボラKさんのお家で過ごしたのは、きっと何かのご縁だったし、この子の持っていた「ラッキー」のすべてだったんだと思います。

 

最後までよく頑張ったレオン君については、

預かりボラさんのブログに紹介されていますので、

よかったら見てあげてください。

 

nokoままとワンコ達さんのブログ「ワンコと一緒」

http://ameblo.jp/noko-chanwithdogs/entrylist.html

 

 

ご支援、応援ありがとうございました。

 

2017年

7月

10日

7月譲渡会ありがとうございました!

日曜日の譲渡会は、曇りのお天気に助けてもらい、犬猫たちは、体調を悪くすることなく終わることができました。(でも一番力仕事をしてくれるボラさんは、休憩スペースで、保冷剤抱えて倒れておりました(;^_^A いつもありがとうNさん!頼りすぎてごめんねぇ)

 

しかし、この気温湿度はもう限界ですね…

ご来場者の皆様も、汗をふきふき、熱心に見ていただきました。

無邪気な子猫たちが、コロコロ遊びまわる姿にみんな釘つけでしたね。

 

今回も、良いご縁ご応募をいただいています。

夏休みをかわいい子と一緒にスタートできるお子さんもいるかな。

ご応募ありがとうございます。

ただいま検討をさせていただいています。

 

 

フリマにもたくさんの可愛い商品が並んでいました。

個性的なクラフト作家さんに作品をご寄付いただくことも増えて、

犬猫たちのためにと気持ちのこもった、温かい作品がたくさんありますよ。

 

次回、アニサポは、

長楽寺さんで行われる盂蘭盆会に参加させていただく予定です。

アニサポテントにて、屋台風フリーマーケットをさせていただきます。ご参拝にみえる方のお気持ちに沿えるような 可愛らしいものを選んで並べようかな、と思っています。

売り上げは、保護犬猫たちの医療費にさせていただきます。

 

毎年、多くのアニサポの里親さんが声をかけてくださって、

いつもの譲渡会とは違って楽しくお話しする時間も多くあり楽しみにしています。

ぜひ、お声掛けくださいね。

 

 

 

2017年

6月

27日

お久しぶりでございます~

皆様、こんばんわ~

久しぶりのアニサポ公式ブログ更新でございます!

公式とエラそうに言っている割には、ちっとも更新しなくて、

なんもしてね~んじゃねいか?と、心の奥底で疑っているそこのアナタ様!

 

正解!

このブログを書かせていただいている本人は、訳あって、たいして働いておりませんでした!

が、

その他のメンバーは、毎日忙しく 様々な事件、出来事、ハプニングと、戦っておりました。

 

訳というのは、首を痛めてしまい、病院通院してました。

動物病院はよく行くんですが、人間の病院はあまり行かないので、その仕組みがわからず、受付後待合コーナーで、1時間たってもワタシを呼んでくれない…「ええ!この病院の受付ってそういう流れだったんですかぁ!」とか、私の両隣の人は、ビビビ~と電気治療されているのに、同じ並びの私だけ器具つけたまま何分も放置されるとか・・・「同じ人間として扱ってほしい」と切に願うこと何度もありました。もう、半分犬に見えるんでしょうかね、私。

首が痛くて、このパソコンのキーボードの高さに手を上げる中途半端な位置が痛くて・・・そんな訳でご無沙汰してしまいました~

 

いろいろあった中で、また皆さんに聞いていただきたい出来事

今度書かせていただきますね!

 

まずは、

アニサポ陰ながら頑張ってま~すのご連絡という短めのブログをリハビリ代わりに書かせていただきました~

 

2017年

6月

10日

手羽先サミット★ありがとうございました

今日は、手羽先サミットに参加しました!

手羽先サミットのテバッキーも、アニサポのボランティアスタッフ黄色いクマちゃんもがんばっていました~

 

お買い物してくださった方、クラフト体験のブレスレットを作ってくれた方、ありがとうございました!

 

愛護センターのスタッフさん、

いろいろとご親切にしていただいてありがとうございました!

 

どこで何やっても、

絶対に「楽しい思い出♡」にしてしまうアニサポメンバー、

手羽先も、いろいろいただきつつおいしかったお店にきっちり投票して、解散したスタッフ一同でございましたっ。

 

さ~て、明日は、長楽寺さんの譲渡会で~す。

明日も、楽しく頑張りま~す。

皆様、ぜひかわいい子たちに会いに来てくださいね~♪

2017年

6月

04日

犬猫チャーム付き★ブレスレット

いつもご支援ありがとうございます!

 

6月10日(土)10時~13時

日時限定で、

「手羽先サミット」に参加させていただきます!

 

少し、詳細をお知らせいたします。

 

まずはアニサポの出店場所ですが、エンゼル広場の「エンゼルブリッジ」付近です。

松坂屋北館さんと、電通中部支社・日経名古屋支社さんの間ぐらいです。

 

 

また、アニサポブースでは、「クラフト体験」を行います。こんなかわいいブレスレットを色や、犬猫チャームにこだわって、お好きなイメージで作っていただけますよ。

これからの季節、半袖のTシャツに、こんなかわいいブレスレット、いいですよねぇ~♪

 

これが、予定価格としては、500円!

売り上げは、犬猫たちの医療費とさせていただきます。

コスパもよし!その上、保護活動にもプラスになる!

いいですよね~♪

 

まずはこれ作ってもらって、気分よくお腹一杯手羽先食べてきてくださ~い。

 

 

2017年

6月

03日

サミットに呼ばれている件

皆様こんにちは。

三重県在住のボラもたくさんいるアニサポですが、

昨年の「伊勢志摩サミット」は特に何のお誘いもなかったんですが←あ、当たり前ですね

今回名古屋市で行われる「手羽先サミット」には、呼ばれているアニサポでございます!

 

手羽先と犬と猫

 

何の関わりが?

 

わかりませんが(;^_^A

 

なので、お誘いいただいた際は、一瞬戸惑いましたが、

手羽先が好きだったから、参加させていただくことにいたしました!

できたての手羽先を、

全国いろいろなところの名物手羽先を、

あれこれ食べれるサミットです!

伊勢志摩サミットより断然行きた~い!

いや~、楽しみですねぇ。

 

で、アニサポはそこで何するか?というと、

手羽先はつくりませんが あはは~

日頃の活動のPRと、

厳選した犬猫関連のフリマ

ハンドメイド作家さんがご寄付してくださった商品の販売

「クラフト体験」コーナーなどをやろうかな、と相談しています。

 

手羽先サミット

2017年6月10日(土)10時~13時

名古屋市中区 久屋大通公園一帯

アニサポ出展ブースは「エンゼル広場」あたりです。

 

今回のお話は、手羽先サミットの主催者さんが社会貢献のために、名古屋市動物愛護センターさんを招待され、センターさんから日頃関わりのある譲渡ボランティアさんたちにPRの機会をということで、時間を区切って各団体が順番に出店する形になっております。

ですので、サミットは9日(金)~11日(日)まで行われていますが、アニサポは、10日(土)10時~13時のみです。ほかの日時は、違う団体さんがPRされます。

*飲食ブースがメインのイベントのため、保護犬猫の参加はありません。

 

犬猫が好きで、

アニサポが好きで、

手羽先が好きな

三拍子♪そろった方は

ぜひ、遊びに来てください!

詳細は、またお知らせいたしますので、とりあえず、予定押さえて手羽先代を用意しとていてくださいませ!

 

手羽先サミット 2017

http://www.tebasaki-summit.com/

 

 

 

2017年

5月

29日

ご支援ありがとうございます!

続きを読む