2018年

4月

09日

4月譲渡会ありがとうございました!

皆さんこんにちは~

あ、ボクはアニサポ出身の秋田犬男子だよ。母さんはアニサポの地下アイドルだよ。(正確には机下アイドル。机の下とか狭いところで、譲渡会を見守ってます)保護されたときはまだ小さかったボクだけど、もう母さんよりそーとうビッグになっちゃったよ。

 

4月のアニサポはダックス風祭りだったって。たくさんの人が見に来てくれて、圧倒的な可愛さ子犬チーム、甘えん坊で大人気の大人犬も、みんな頑張ったから、いいお家が見つかりそう…

 

2018年1番目の赤ちゃん猫も居たよ居たよ。そりゃ可愛いよ~、ボクの尻尾より小さいんだよ…これから赤ちゃんたちが増えるよ~って。

 

この1週間でトライアルはどうするか、よくよく相談するよ、って、アニサポのオバチャン達が言ってたよ。みんなお家が決まるといいね~

 

里親さんもたくさん来てくれたし、ご寄付や募金もしてもらって、アニサポのボランティアのオバチャンもボクの後輩たちもとっても喜んでたよ。

 

皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

それからね、

ボクのお父さんやお母さん、ボランティアの人たちがワイワイ言ってたんだけどさ…

ボクと同じ秋田犬が「ザキトワ」っていうスケートの女の子のお家に行くらしいんだけど…女の子の赤ちゃんが行くって…「マサル」って名前になるって、そんなことが話題だけどさ…

はっきり言って、名前なんてなんでもいいんだよ!

ただ・・・

アニサポ基準で言ったら、譲渡できないお家らしいんだ…

だから、「いくら欲しいって言われたって、そんなのあげるのおかしいよ!もらわれていく秋田犬がかわいそうだよ!」って。

「ザキトワ」って子は、おばあちゃんと都会のワンルームマンションに住んでるんだって・・・ほんとかなぁ・・・ボクたち秋田犬って心も体も結構ナイーブ。お散歩もたくさん行きたいし、知らない人に「大きいから怖い!」って言われちゃうことがあるから賢くしてないといけないしね。

ぬいぐるみじゃないからね、可愛い~って言ってるとあっという間に、20キロ30キロになっちゃうよ~おばあちゃん、散歩できるのかな?

 

一生幸せに暮らせるかどうか、

誰か!ちゃんとロシアのお家まで確認してよ!

 

本当に秋田犬が大好きな日本の人たちはみんな心配してるよ!

ボクも母さんも、日本で幸せに暮らしている秋田犬仲間みんなも心配しているよ!

 

 

 

2018年

4月

05日

8+@のダックス風一族

続きを読む

2018年

4月

02日

今度の日曜は!

皆さんこんにちは!

いつもご支援ありがとうございます!

桜は満開!暖かい、暑いぐらいの春!

お散歩も楽しく、日向ぼっこも気持ちいい。

 

そして、

この日曜日は、定例の譲渡会です!

今の予報では、金土は雨が降って、日曜は回復して晴れ!

でも、ちょっと寒くなるらしいですよ。

皆さん、服装には気を付けて今更風邪などひかないように。

 

さてアニサポでも、譲渡会に向けて、いろいろと準備をしています。

春らしいものをフリマにご用意したいし、犬猫ちゃん達も、この気候なら参加できる!っていう子もいますし…やっぱりお留守番、って子もいます。そんな調整やら。

 

さらに、

この数日で保護する予定の子達(複数です!)がいるので、誰がお世話するかな?フードはどうする?などなど、バタバタ準備を進めています。

つらい環境からの保護になるので、体調やメンタル面の様子がとっても気になります。

 

 

そして、

これからやってくる子猫の季節…

子猫チームのボラさんは、先日やってきた「いちご大福」チーム(赤ちゃん猫2匹)で、ウォーミングアップを済ませ、「よっしゃ、今年もやったるで~」と、腕まくりしています!(あ、大げさ?)

チョーかわいいいちご大福さんたちの育ち具合はこちらでご覧くださ~い。

  コチラ🍓

 

 

ボラさんそれぞれのできること、得意なことを生かしながら

チームで頑張りま~す。

あっちこちお出かけした、ついでに、長楽寺さんにもお立ち寄りくださいませ~。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

2018年

3月

27日

子ども達すらこんな目に合う時代に。

最近のニュースでよく聞く、児童虐待。

多くの方が心を痛めていることと思います。

叩かれたり、放置されたり、食べ物ももらえず…

 

頼るのは親しかいないのに、母や父からひどい目に合う子供たち。

 

虐待の疑いがあればすぐ通報を!という世の中になって、表面化しているだけなんでしょうか…昔からあることなんでしょうか…

 

 

 

子どもだからニュースになるのですが、

これがペットの犬猫だったら…

きっととても多くの犬猫たちが、

叩かれたり、放置されたり、食べ物ももらえず…

 

頼るのは飼い主しかいないのに…

 

外飼いの犬がひどい飼育環境だと、外から見えるので、ご近所の方がいろいろとお世話を焼いて何とか生き延びていたり、保護されたり、そういう例もたくさんあります。「よその犬だから」とほっとかない優しい人がいらっしゃるんですね。

 

「飼い主は何もしないから、毎日お散歩をして、お水をあげてうんちを拾ってあげているんだよ。だからあの家の犬は、私を見ると、甘えて鳴くの。飼い主には鳴かない。」っていう人。

 

「日除けもないところに犬小屋が一個あるだけで、あまりにもかわいそうだから、飼い主に交渉して、私が日よけを設置してあげたんだよ。」っていう人。

 

「飼い主は旅行に行ったまま何日も帰ってこないのに、犬だけ取り残されている」っていう話…

 

実際に、そのようなひどい環境から解放されて、新しい里親さんと出会い、幸せになった子たちもアニサポではたくさん見届けてきました。

 

 

 

でも、

お家の中までは何がどうされているのか、わかりませんよね・・・。

 

「児童虐待」のニュースを見るたびに、まったく見えてこない「ペット虐待」の影がちらっと見えるようで、さらに心が痛くなります…

「虐待飼育されているペットを飼育放棄させる」ことは、とても難しい案件で、私たちも何件経験しても、慎重に、大変気を使って取り組みます。

 

ニンゲンの子どもですら、簡単には解決しない問題です。

さらに犬猫たちは「命の価値が軽い」(犬猫は法律ではモノ扱いで、飼い主に強い所有権が与えられています)のが現状です。

 

子どもを保護する児童相談所に、強制的に保護する権限が与えられたように、犬猫たちの命を守るために、保健所や愛護センターも、もっと、飼い主に対して強く動いてほしいし、その権限を与えてほしいと思います。「いやいや、予算や人員的にも、とてもそこまでは…」ということであれば、海外事例を習って、保護団体にも何らかの権限を持たせてほしいと思います。そうなったら「こんなかわいそうな犬猫がいるんですが、どうしたらいいでしょう…」という相談にも、もっと積極的にかかわれるようになるんですが。

 

 

飼い主が飼育放棄しない限り、見捨てるか見守るしかないのでは、たった15年の寿命しかない犬猫たちは、人生のほとんどをつらい思いのまま生き続けることになります。

 

犬猫はぬいぐるみではないので、毎日、毎日のお世話が必要です。命を守ってくれない飼い主に所有権は、必要ないのではないでしょうか。

 

児童虐待のニュースをご覧になったら、そんなこともぜひ考えていただきたいと思います。

 

2018年

3月

15日

譲渡会ありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます!

おかげさまで、3月11日の譲渡会はいいお天気で、たくさんの方がご来場いただいて、無事終了いたしました。

今回は、ワンコ多め、猫ちゃん少なめ、フリマ商品てんこ盛りな譲渡会でした~。フリマ隊長の車は、商品で、ぎゅうぎゅう詰めっ。計画的に詰め詰めして、最後の隙間には、ぬいぐるみをぎゅぎゅっと詰め込む窒息寸前作戦で運んでまいります。

「いつか、この商品を完売してみたい…」という夢を抱いている隊長でございます…頑張れ隊長っ!

 

そしてこの数日は

たくさんのアンケートを深読みさせていただき、それぞれの子に合ったお家を必死に探しておりました…

お気持ちのこもったアンケート、一枚も見落としがないように…

 

多くの子がトライアル予定となった結果からお分かりいただけるように、多くの子に、複数のお申し込みをいただきましたので、逆に言えばたくさんの方が、せっかくのご応募でしたのに、今回はご縁がなく…ということになってしまっております…お気持ちに沿えず申し訳ございません。ぜひ次回のご縁を探していただけますよう、お願いいたします。

 

さて今回のトライアル予定の子達ですが、

「ええ!この子にお声がかかったの!」っていう子

「ついにこの子に春がやってきたんだね!頑張ってきてよかったね!」っていう子

など、「奇跡~☆神がかり~☆」っていうお話が多かったです。

ですので、お届けに行く日までこのご縁を大切に、しっかりケアしていかなくっちゃって思っています。

 

「ご家族募集 ワンちゃん達」っていうところを見ていただくとお分かりのように、トライアル予定連発で、募集中の子がまた少なくなっておりますが、トライアルに行くまでの間や、次回の譲渡会に向けてこれからも保護予定がありますので、相変わらず必要な物資は不足気味でございます。どうしてもの必需品については、「アマゾンのお買い物リスト」をご用意させていただき、皆様のご支援をお願いしております。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

2018年

3月

03日

3月11日譲渡会の日の交通事情の件

皆様~いつも温かいご支援ありがとうございます!

あたたかいと言えば、今日はとっても暖かく、気が付けば、散歩道のつくしが出ていたり、犬好きにはなんだか親近感がある(?)オオイヌノフグリが咲いてたり、春が近くまで来てますね~♪

 

この調子で、譲渡会も過ごしやすくなって、犬猫も人も、寒さから解放されたいところです…寒い時期はですね、譲渡会の日の食べ物(ニンゲン用の)も、暖かいものは何がいいかなぁとか、このメニューだと、豚肉の脂身が白く固まっちゃうよなぁ~とか、いろいろと気を使って(そんなことばっかり気を使うなって話もありますが)、悩むんですよね~。

 

さて、毎年恒例なんですが、

3月のアニサポ譲渡会の日は、名古屋ウイメンズマラソンが開催されます!

譲渡会場の長楽寺さんの近くまでが、交通規制エリアです。その影響で、渋滞する時間帯がございます。お車でお越しの場合はお気を付けくださいませ。

 

名古屋ウィメンズマラソン 2018

http://womens-marathon.nagoya/

 

ウイメンズの参加賞は、毎年ティファニーの、なんか、ですね。(なんかって何でしょう(;^_^Aあんましよくわかってない)

アニサポ譲渡会の参加賞は、「来てくれてありがとう~保護犬保護猫に関心持ってくれてありがと~」ってきっともれなくわんこの神様やにゃんこの神様から、なんか、個別に届くと思います…(私はよく、混雑した駐車場で、ひょっこりいい場所が空くと、「お!あの子がお礼に空けてくれたな」と思います。あ、お礼がちっちゃいですか?)

 

どんな参加賞が届きますかねぇ。

ハッピーラッキーな春にしたいですね。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

2018年

2月

24日

そだね~

平昌オリンピックも、あと今日、明日で終わっちゃいますね~

スポーツマンではないけど、やっぱり、観ちゃいます。

日本がこの世で一番素敵とも思ってないけど、やっぱり、日本応援しちゃいます。

ハーフパイプや、カーリングや昭和なオバさんにはなじみのないスポーツも観てると面白いですね。

 

特に、ちり取りを、廊下にすす~っと滑らせ、ほうきで、シャッシャッシャーッとはく子どもたちも続出してますので、カーリングの影響が一番かもしれませんね。

冬季オリンピックは、顔をヘルメットやサングラスなどで、覆ってしまい、表情がわからない競技が多くて、選手の様子がわかりつらいのが残念なんだけど、カーリングは表情ドアップで、しかも、おしゃべり(相談や指示や掛け声)も丸聞こえ、さらにおやつ食べてるところまで見えちゃって、そんなところもすごく楽しめました。スポーツなのに、体育会系な言葉使いはしなくって、フツーの言葉なんですね…話題の「そだね~」も、高校野球だったら、全員で声合わせて「はいっっ!」って言うところですよね。

 

 

まぁ、わんこたち、にゃんこたちも、

数枚の写真、ボラの勝手な解釈の数行の文章で、

里親さんを募集することになるのですが、

それだけではなかなかよさをお伝え出来ないことが多いです。

やっぱり、近くで見て、動きや表情を見ていただくと、その可愛さがよく伝わると思います。

譲渡会に合わせてお越しいただくことは、皆さん大変かと思いますし、

わんこ、にゃんこにとっても、寒い、暑い、人混みがいや…などストレスもあると思いますが、やっぱり、出会いの場としては、欠かせないチャンスであります。

 

おかげさまで、比較的里親さんが早く決まるアニサポですが、

半年以上、譲渡会に参加している常連もおります…

数か月で、心も体も、ぐっと成長する子もいますので、以前とは、また違ったオーラを出しているかも、です。

 

ちょっと気になる子がいましたら、

ぜひ、次回に会いに来てやってください。

 

皆様のご支援のおかげで、

譲渡会は里親さんとの出会いの場であり、フリマや募金をさせていただく場であり、いただいた支援物資をボランティアみんなが無駄なく分けあえる場でもあります。

そして犬猫たちにとっても、いつもと違う経験を積める場所です。

 

次回、3月11日も頑張って開催いたしま~す。

 

 

2018年

2月

17日

譲渡会ありがとうございました

こんにちは!

2月の譲渡会、ありがとうございました!

思いがけず、ミックスの可愛い♥カワイイ♥子犬たちが集合した譲渡会でした。

熱心なご応募の方が多く、今回も、どの方にトライアルをお願いするか、たくさん悩み、相談して順次ご連絡をさせていただいているところです。

同じ子が2匹、3匹いれば、「保護犬との楽しい生活」を多くの方に実感していただけるかもしれませんが、「1」しかないものに、何件もご応募いただいているので、その責任をひしひしと感じております。

かわいいですからね…子犬。「預かれるものなら、預かりたいっ」「せめて、見るだけでも…」と、ボランティアすら色めき立ちますので…人気があるのも仕方がないっ。

 

一方で、何らかのハンディのある子たち…

健康面で、気を付けることがある子、

年齢を重ねている子…

家庭犬としてのしつけがされないまま大きくなった子…

つらい経験から心に傷を負った子…

など、そういった子は、

どなたか心あるご家族から声がかかるのをじっと待っています。

 

無理強いをすることはできませんが、

そういった子と過ごす時間、経験は、何物にも代えがたい

本当に、縁・・・を感じる意味のあるものです。(人気沸騰の子だと、縁っていうより、運って気がしちゃうので、ほんのちょっとなんか違うんですよね…)

犬猫経験値の高い方ほど、そういったことに、ふと気が付いていただけるのかなぁ。

それとも、今まで接してきた犬猫たちがそういった価値を教えてくれるのかなぁ…

 

私にもよくわからないんですが、

そういうことを分かり合える共有できる方との出会いを

心ひそかに待っております。

 

アニサポ、まだまだ、「かわいい子」隠し持っております。

ご支援、応援、よろしくお願いします!

 

2018年

2月

01日

池の水を全部抜くやつ

「かいぼり」って言葉を知らなかったんですけど。

どこかの池の水を全部抜いて、きれいにするテレビ番組、

なんか、あれ、面白いですねぇ。

結局泥の中から、亀や、鯉なんかの外来魚が出てくるだけっていえば、だけで、

「おお!貴重な在来種」って言われても、地味な魚なんで、素人の私には、さっぱり、わからないんだけど、なんか、見ちゃいますね。

「かいぼり」は昔から、閑散期に農地の貯水池をきれいにするために行っていたんですってね。

 

でも、お風呂洗うわけじゃないから

底の方の泥とかあるし~

効果あるんかなぁと思うけど、やっぱり生態系的にも、いいらしいですね。

池の周りの方々も、環境問題とか意識が高まるって言われてたし。

 

アニサポも、冬はかいぼりシーズンなんでしょうか?

猫ちゃんチームは、子猫40匹~とか、あれだけたくさんいた子たちもすっかりお家が決まって、今や、選ばれし者のみが残っております!

ワンコチームも、「あれ?2月の譲渡会犬が足りない?」って思ってたら、わらわらとやってきた「ミックス軍団大サイズ~小サイズまで」と、募集前のケア中の子たち・・・

 

薄っぺらくて、キャパも狭いアニサポ( ´艸`)

あっという間に、底が見えそうになっております!

 

何とか、2月の譲渡会までに、にぎやかに盛り上げますね~

 

たくさんの保護犬保護猫を抱えてしまって

身動き(譲渡のための行動)が鈍ってしまうのを

何より恐れているので、

こんな時期があるのは、もう、毎年の事です。

募集中の子が少ないので、

「アニサポ、ちっとも働いてね~んじゃないか」って思われそうですが。

 

はい!

ただいま、「かいぼり」シーズンです!

底までさらって、きれいにして、

いい状態で、頑張りま~す。

 

 

 

2018年

1月

31日

ご支援ありがとうございます!

今日はもうすぐ、月食だそうですね!

見れたらいいなぁ・・・

 

皆様いつもご支援、応援ありがとうございます!

 

アニサポでは、保護された子たちに必要なフードや、トイレ関係のものなど、消耗品を「アマゾンお買い物リスト」を利用して、ご支援のお願いをしています。

このリストでは、特定の子に必要なものを、必要な量だけ細かくお願いすることができて、無駄のない、「今」必要なものをお願いすることができています。

 

先日も、何頭かのワンコさんが保護されて、必要なフードがいくつか出てきたので、早速リストを更新させていただいたら、あっという間に数日後には私たちの手元に、届けていただけました。

 

えっと~

アニサポご支援者の皆様・・・

もしかして「早押しクイズ」めっちゃ得意ですか?

リスト変えて、すぐ、高速で、ポチっと注文いただきましたよね…

そして宅配業者の配達員の皆様・・・

ドッグフードや、猫の砂や、すご~く重たいものをいくつも届けていただいて…

いつもすみません…この家どうなってるんだろ…って思われてませんか?

 

皆様のお力添えで、みんな、美味しいご飯をお腹いっぱいいただけています。

毎日必要な消耗品ですので、本当に助かります。

 

 

リストは、必要なものがある時に、不定期で更新しておりますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

2018年

1月

17日

お年賀状

皆様は、紙お年賀状派ですか?

ライン、メールお年賀派ですか?

 

里親さんからいただく年賀状が何より楽しみなお正月でした。

特に戌年の今年は、たくさんのワンコ年賀状が来て楽しかったですぅ~

ご家族皆さんとの楽しそうな写真や、近況を教えてもらえるコメントの一つ一つが、ボラやっててよかったなぁと、シミジミ心にしみました。

 

時には、アニサポスタートしてなんとなく10年ほどなので、悲しいお知らせが届くこともあります…どの子もうちに滞在していた時の事や、お届けした時のことがついこの間の事のように思い出されます。里親さんにかわいがっていただいた子たちは、もうボラのことはすっかり忘れているだろうと思うけど…

 

なかには、亡くなってから何年たっても毎年感謝の気持ちを届けていただける元里親さんもいらっしゃいます。

 

そういった中で、お届けした頃は、まだ幼かった里親さんのお子さんが、高校生になったり、立派な大人になったり、ワンコやニャンコは、穏やかに年を取っていくけど、子どもさん達は成長していくんだなぁ…と実感します。みんな、犬や猫と一緒に暮らして自然に相手のことを思いやる優しい いい子になったんでしょうね・・・

実際里親さんからも、保護犬保護猫を引き取って一緒に暮らしたことが、子どもにとってとても大きな大切な経験だったと言っていただいたこともあります。

 

 

人に寄り添って人を育てたり、人と人とを結んだり、

捨てられてつらい思いをしてきた子たちが、大きな役割を果たしてくれるんですね。

保護犬保護猫たちは「つらいことがあっても、きっとまた幸せになれるよ」って身体張って教えてくれてますもんね。

 

これから保護して譲渡していく子たちも、

幸せになっていくことで、きっと大きな役割を果たしてくれると思います。

そんなことも考えながら、

今年もせっせと保護してせっせと育て、間違いないステキなご縁を探していきたいと思います。

 

2018年

1月

17日

譲渡会ありがとうございました

皆様、こんばんは

いつもご支援ありがとうございます!

日曜日の譲渡会のことをご報告いたします!

 

前夜に雪がチラチラしていたので、もう、寒くて最低気温な譲渡会かと、覚悟したんですが、実際朝になると、なんだか、ポカポカ陽の当たるところは、暖かくて、

 

も~、天気までアニサポの味方ぁ?

と、ちょっと調子に乗っちゃいました。

 

もちろん、日陰や、昼過ぎには、気温も下がってきましたので、ニャンコたちは、「にゃん袋」にぽっくりと体を潜らせてましたし、ワンコたちもお洋服を着こんで、何とか乗り切った次第です。

 

ご来場いただいた希望者様も、こんな時期でもたくさんいらっしゃって、本当に真剣な思いのアンケートをたくさんいただきました。

また、ご寄付や、支援物資もたくさんいただき、今年一年、ガンバローという気持ちでいっぱいになりました。

もう、こんなに多くの人が応援してくれてるんだから、絶対、絶対みんな幸せになれるよ!よいお家が絶対見つかるよ!って思いました。

 

お礼の言えない犬猫たちに代わりまして、

本当にありがとうございました!

 

 

こうやって何年もやってこれたことに感謝、感謝の一月譲渡会でございました。

 

 

2018年

1月

10日

今週末は、譲渡会です

年始に実家に行くと、

「あなた達は犬が好きだから~戌年だから~」

と、犬のかまぼこが用意されていました。

かわいいです。

 

でも、誰も食べなかったです。

犬は食べられないです。

すみません、かあさん。

 

 

 

お正月が終わったと思ったら、もう、14日日曜日は譲渡会です。

まだ寒い時期なので、いろいろと対策が必要です。

毎年の事ながら・・・「寒くてかわいそうだけど、ご縁を探すためには、この月一回のチャンスは逃せないから」と、ゴメンねと思いながら、連れていきます。

来ていただく皆様も防寒対策をお願いします。

寒さが大敵の子などお休みチームもいますので、気になる子がいましたら事前に出欠をお問い合わせいただくといいかと思います。

 

クリスマス、年末年始と、

ゆっくり可愛さに磨きをかけたかわいい子たちが集まりますので、

ぜひ皆様お越しください。

 

また、フリマコーナーも、頑張ります。

残ったお年玉は、ここで全部使っちゃいましょう。

 

よいご縁がたくさん見つかりますように。

 

 

 

 

 

 

2018年

1月

10日

がんばったね ぽんちゃん

年が明けてすぐ、

アニサポでは悲しいお別れがありました。

かわいいぽんちゃんが預かりボラさんに見守られながら天国に行きました。

 

ぽんちゃんは、保健所からから出され、ほかの団体さんから引き受けた子で、

「元気でかわいい子ですよ~」ぐらいの感じで、アニサポに来たのですが、

なかなか、調子が上がらず、いろいろと調べていくと、心臓に大きなハンディがあったことがわかりました。

病気の子のケアのベテランボラさんが預かって、心臓の名医の先生が、主治医となって診てくださいました。

調子が良ければ、にこにこ♪、性格の良さを発揮してかわいく癒してくれたのですが、ちょっとしたことで、負担が大きくなって苦しくなるようでした。年末年始も、呼吸がしんどくなって何度も病院へ。

薬や細かいケアを尽くしましたが、元々の心臓そのものを治すすべがなく、もう限界が来てしまったようです。

 

本当は、丈夫な身体をもって、最期の時まで、大切にしてくれる飼い主さんのもとに、生まれたかったよね、ぽんちゃん。

アニサポに来たのは、きっと本意じゃなかったと思うけど・・・大切にしてくれた預かりボラさんや、優しい先生や、支援してくださった多くの方々の事も、少しはわかってくれたかな。

 

ぽんちゃんの最期のママだった預かりボラさんが、ブログに書いていてくれます。

よかったら、そちらもみてください。

「ワンコと一緒」 お別れ

https://ameblo.jp/noko-chanwithdogs/entry-12341935520.html

 

 

 

2018年

1月

01日

戌年!あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

戌年というだけで、なんだか気分が上がる!そんな犬バカ揃いのアニサポでございます!

アニサポ地方は爽やかな朝、早速保護ワンコの散歩に行ってまいりましたよ~

暖かな日差しで、ワンコの尻尾もいつもより多めにフリフリ♪しておりましたね~

いや~めでたいですぅ~

 

昨年の皆様のご支援に改めて御礼申し上げます!

そして今年も、アニサポ感覚ではありますが、頑張ってまいりますので、よろしくお願いします!

 

アニサポのボラ宅にはそれぞれ、2017年~2018年年越しメンバーが居候していて、「ほほ~ニンゲンってのは、こうやって年末年始っていうのを過ごすんだ~ふ~ん」とお勉強しておりましたよ。実家への帰省の同行とか、初詣の混雑体験とか、そんなこともお勉強ですね~

 

どの子も、新しい生活新しい家族と暮らすための準備万端です。

よいご縁を見つけるために、頑張るぞ~

特に、「チーム☆譲渡会には行けないけど絶賛里親さん募集中」という子たちがいます。

心臓系に負担をかけたくない子などは、この寒い時期は、どうしても無理させたくないので…

そういう子たちも、必ずご縁があると信じております!

だって、今までも、そんな子達にも、素敵な出会いがあったから。

その時に、「ああ~!そういった状態なら、以前うちにいた子も同じでしたから、大丈夫ですよ!」「こんなに可愛い子なら、何があっても頑張ってケアするので、大丈夫ですよ!」というお言葉を宝物に、今年もあきらめずに、ご縁を探しますね!

 

さぁ、決意も新たに・・・

今年もよろしくお願いいたします!

 

2017年

12月

20日

にゃんこの譲渡会ありがとうございました

皆様、いつもご支援ありがとうございます。アニサポのかわいい子たちは、皆さんのおかげで今日も元気に安心して暮らしています。

 

 

さて、日曜日の譲渡会、ありがとうございました。こう見えて、いつも譲渡会開始直前は、「…本当に見に来てくれるのかな…誰も来てくれなかったらどうしよ~」と思うのですが、この日曜もそんな気持ちでいました。定例とは違う場所だし、いつもの譲渡会の翌週だったし…

 

でも、開始直後からご来場いただいて、最後まで途切れることなく、会いに来てくださったので、とてもうれしかったです。

暖かい室内で、猫たちもリラックスしていつも以上にかわいいところをアピールしていました。ぽかぽかすぎて昼過ぎには、みんなお昼寝タイムになってました…緊張感なさすぎでしょぉ~

 

ということで、

ご応募いただいた子たちの幸せなご報告がたくさんできますように…

ただいまあれこれ連絡検討中です。もうしばらくお待ちくださいませ。

 

 

2017年

12月

14日

17日(日)は臨時譲渡会(ねこちゃんonly)

皆様こんばんわ~

こないだの日曜日は、長楽寺さんでの譲渡会、ありがとうございました!

寒い中でも、ワンコも、ニャンコも、ニンゲンも、頑張りました!

 

でも、まだ、まだ、おうちの決まらない子がいます!

このままでは、年越せないわ~

ということで、今年最後の譲渡会を、

アニサポ☆にゃんこの譲渡会を、

疲れた体に、鞭打って、臨時譲渡会を!

頑張って開催いたしますので、猫ちゃんとの出会いを探してさまよっている皆様も、頑張って、今年最後の頑張りで、ぜひご来場くださいませ~

 

猫ちゃんたちも、暖かくて落ち着いている室内なら

本来の可愛さを発揮して猛烈アピールすることと思います!!!

 

あ・・・・・あかん、

うちに長らく居候しているうららちゃんだけは、

警戒レベル最高で、何の愛想もなく石のように固まって、怖~い顔でにらみつけていて、

優しい方が心配して伸ばした愛いっぱいのその手を遠慮なく、ガブッと噛むかもしれませんが!

 

 

それ以外の

10を超えるニャンコさんたちは、

どの子も、かわいく♥優しく♥賢く♥皆さんの愛を受け入れて、

最高のパフォーマンスを見せてくれると思います!

もう一度、募集中の猫ちゃんたちの写真をご確認のうえ、

ぜひお越しください!

 

 


「アニサポ★にゃんこの譲渡会」

 

<日時>
2017年12月17日(日)11~15時

 

<場所>

「もりの風子ども園」 さんにて
名古屋市守山区吉根太鼓ヶ根3231-29

・駐車場は50台ほどあります。
・暖房完備の暖かい室内で、ゆっくり猫ちゃんたちと会っていただけます。
・今回は、ワンちゃんの参加はありません。

 

2017年

12月

09日

12月10日は、今年最後の長楽寺さん譲渡会です!

みなさま、こんばんわ~

いつもご支援ありがとうございます!

間もなく、あと数10分で、その明日になりますが…

明日は、2017年最後の長楽寺さんの定例譲渡会です!

お天気は寒そうだけど、でも、晴れではあるようですね。(´▽`) ホッっとしました!

 

今回も、かわいい子たちが集まります。

ぜひこの子を!という方や、

保護犬保護猫を迎えたいけど、まだいろいろ見て、考えて決めたいので、まずはアニサポに来たんです、ってご家族もいらっしゃいます。

この一年で、多くのボラさんがいろいろなところで譲渡会をしているのをお見かけするようになりました。

それぞれの雰囲気や、譲渡の条件など、違いがありますので、よく話を聞いて価値観のぴったり合う団体さんやグループから、納得してご家族に迎えていただけたら…と思っています。

ですので、アニサポ譲渡会では、決して無理におすすめしたりすることはありませんし、

せっかく来ていただいたのなら、ぜひボラメンバーとお話ししてみてくださいね!

 

もし気に入った子がいたら、

アンケートにご記入してください。

里親希望さんとして前向きにご検討いただいている方のみ、

わんちゃん、ネコちゃんを抱っこしたり触れ合ったりしていただけます。

申し訳ございませんが、なんとなく触ってみたい抱っこしてみたいというだけの場合は、犬猫たちが疲れてしまうため、お断りしております。(かわいいでしょ~と触らせてその気にさせる商法は行っておりません)

 

犬猫たちにとっては、この年末年始という、いろいろなイベントがあるシーズンに、新しい家族と、温かなお家で過ごすことができる、大事なチャンスの譲渡会になります!本人たちも頑張ってアピールするだろうと思いますし、ボラも、寒さに負けないで頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

また、前回好評だったフリマコーナーも、今回も、フリマ隊長が気合を入れてかわいいお品物を車いっぱい運んでいきますので是非、お買い物も楽しんでくださいませ~

売り上げは、犬猫たちのクリスマスプレゼント?年越しそば?おせち料理?お年玉?になるかと思います!ええ~ほんとに~

 

と言ってる間に、

もう日にちをまたいでしまいました!

では!皆様本日11時より長楽寺さんにてお待ちしております!

 

2017年

11月

13日

譲渡会ありがとうございました!

きのうはみなさま~

たくさんかわいいっていってくれてありがと~

はじめてのじょうとかいで

いつもの200%ましにちょうしのっちゃって~

たのしくってたのしくって

また12がつもいきたかったけど~

ぼく

にんきものだったみたいで~

あたらしいおうちがきまっちゃうかもって~

ままにいわれた~

 

りょうま☆チワワ

 

 

 

昨日はとても気持ちのいいお天気で、たくさんのご来場ありがとうございました。

特にフリマコーナーはたくさん買っていただけたので、

車に一杯詰め込んできたフリマ隊の隊長は、大変喜んでいました。

かわいい商品は、あさイチで、すぐ売れておりました…さ、さすがお目が高いっ。

また、来月も、山盛り持って来ますので、「最近、アニサポでお買い物してなかったわぁ」っていうソコのあなた!イオンとか、イケアとか、コストコとかばっか行ってないで、アニサポに来てねん♥

 

 

最近、会場を広く使わせていただけるようになって、ゆっくり見ていただけるので、ボランティアスタッフも、気持ちに余裕をもってお話しできております。

せっかく来ていただいたのに、近くで見ていただくのが大変だった頃の皆様には、申し訳なかったなぁ・・・と。

 

しかし、日陰になる場所は、寒いな…と思うときもあったので、

着実に、冬が近づいてきています!

どの子にも、暖かいおうちが早く決まるといいなぁと思います。

 

ご応募いただきました皆様、

こちらでの検討にしばらくお時間をいただきますが、よろしくお願いいたします。

 

2017年

11月

11日

わんわんわんにゃぁ~

皆様、こんばんは~

明日の日曜日は、定例譲渡会です。

11月12日、わんわんわんにゃぁの記念すべき日に。

 

参加する子は、

7ワンコ、15ニャンコぐらいかなぁと思います。

計22カワイイと、元気でおしゃべりな 20ボランティアです。

 

 

お散歩するにも、

ふわふわした子と、お部屋でまったりするにも、

よい季節となりましたので、

新しい出会いを探すには最適のタイミングかと思います!

 

お買い物も、みなさんに楽しんでいただけるよう、フリマ担当のメンバーが車一台にた~くさん詰め込んでやってきますので、お買い得品や、かわいい物など見つかるかもしれません。ぜひのぞいてみてください!

 

では、皆様のご来場をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

 

 

2017年

11月

09日

今週末は譲渡会♪

みなさ~ん、こんばんは~

ぼくちんは、ピーちゃんって男の子なのに、ちゃん付けられた、かわいそーなビーグルです~

 

今度の日曜日にー、

譲渡会っていう楽しーところに行くんだって~ またたくさん犬と人が来るよ~って言われたからさ~、た~くさん、クンクンお尻のニオイかいじゃお~って思ってさ~。今から楽しみ~♪

 

 

でもね、かわいい猫ちゃんたちもたくさんたくさん来るから、ワンワンうるさくしたらあかんよ~って言われてる~。できるかな…ぼくちん、おしゃべりだから…

 

犬た~くさん、猫たくさ~んってどれだけ~ってお母さんに聞いたら、

「今、数えてる…誰か手の空いてる人が」って言われた~。

 

「数え終わったら、またブログで報告しますって言っといて」ってお母さんが言ってるよ~。

ぼくちんは、絶対絶対行くからさ、会いに来てね。

2017年

11月

09日

ちょっと心に留めていただきたいこと。

いつもご支援ありがとうございます。

マイペースなアニサポゆえ、公式ブログも、預かりさんブログも、保護犬猫のことが忙しいと、更新が後回しになりがちですが、皆様の応援いただいた、物資やお志に感謝しながら、毎日、ぼちぼち頑張っております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋市の中村区、中川区、港区などにお住いの方には、特にお知りおきいただきたいし、世の中、こういうこともあるんだなぁと、多くの方にも知っておいていただきたいので、書かせていただきますね。

 

 

犬が大好きで、

外で飼っている犬を見ると、連れ帰ってしまう癖のある人物がいるようです。

もちろん、他人の犬を連れかえれば、窃盗です(盗られた方にとっては心理的には、誘拐ですが、法律上は犬は物扱いですので…)

でもその人物は、精神疾患があり罪には問われないそうです。

精神疾患はあっても、犬が好きなので、連れ帰った犬の世話はしているようです。

 

 

犬を玄関先などにつないで飼っている方、

庭に放し飼いしている方、

庭でつないで飼っている方、

いわゆる外飼育の方、

「敷地内だから大丈夫」ではありません。

侵入し、連れて行ってしまうようです。

「うちの子は雑種だから大丈夫」ではありません。

「犬」が好きなんです。「血統書」が好きなんではないので、なつっこい子なら充分ターゲットになります。

 

 

今は、室内飼育される方が多く、

外飼育の犬は、特に、都心では見かけなくなりました。

アニサポでも、中型犬以上のサイズの子でもほとんどの子は、室内飼育でお願いできるよう、お勉強させて送り出しています。

「外飼いの犬はいませんか?」と聞かれることもありますが、

最近の、猛暑、ゲリラ豪雨、大雪などの激しい気象が、犬にとっても過酷であること、

地震など災害に備えて、室内(ケージ内)でも、おとなしく過ごせることの大切さをお伝えし、どうしても室内に入れられない理由などをうかがってお話しさせていただいています。

外飼育の不安に、もうひとつ、窃盗や、虐待(毒餌を投げ込まれる)など人為的な危険もお伝えする必要があるかもしれません。ほんと、今の時代は、オカシナ事をする人がいますので。。。

 

 

「外飼いの犬はいませんか?番犬にしたいので」と、今も時々聞かれますが、

その犬が!!!盗られないように、せこむさんとか あるそっくさんとかに相談してください!

と申し上げることにいたします。

 

皆様も、十分にお気を付けください。

 

 

 

2017年

10月

24日

足し算の結果、55までとなりました!

いつもご支援ありがとうございます。

猫班は、多数のちびっ子たちを抱え、

募集中のページは相変わらず満員、めくってもめくってもかわいい猫。

犬班はなかなかに重症の子を抱え、ケア中の子ばかりが増え(当然医療費も…あまり先々考えると怖いので、みんなでできるだけ考えないようにしている・・・)

 

はい!今日も頑張るアニサポでございます。

皆様からの応援が、何よりの起爆剤、

幸せになった子たちからの時々の便りが、何よりの心の栄養でございます。

皆さん、ありがとうございます!

 

・・・・・・・・・・・・・

さて、そんな日々の中、

時々…いや、結構頻繁にいただくのが、「ご相談」というメールや電話です。

困っている、あちこち相談しても相手にしてもらえない…と知らない方から突然来るご相談。

そのほとんどが、「飼えなくなった犬猫」のこと。

特に、最近続いたのが、「親が飼っていた犬」のことです。

はい、ご想像通りのやつです。

親が病気になり飼っていた犬の世話ができなくなった、私は飼えない、どうしたら…というやつです。

 

この相談者の方の向こうには、

大好きな飼い主の姿を見失い、寂しくて不安な顔をしたワンちゃんが居るんだ…と、心に思って、誠心誠意お話対応させていただいています。

お寺のお坊さんに相談したら、保健所にと言われた。

獣医さんに相談したら、ジモティーの里親募集に載せたら?と言われた。

ある愛護団体に相談したら、ほとんど話も聞かず、うちは無理無理、と言われた。

そうです。

 

アニサポでも、何か秘策があるわけではありません。

相談者さんに、できる限りの、最低限の責任を果たしてもらい、

私たちができる限りのお手伝いをして、

ご縁が来るのを待つのみです。

 

手間も、時間も、お金もかかります。

 

それでも、

自分を育ててくれた親が心のよりどころにと思って飼っていた、たった一つの命ぐらい、何とかしてやってほしいものです。ほんとお願いします。

具体的な対応方法の細かい説明が半分、

残り半分がそういった、犬は何の落ち度もない、道義的な責任を果たしてほしい、何とかなるから、頑張ってやってください、っていう説得?みたいな話になります。あわよくば、運よくこちらで保護していただけないかしら?ぐらいの期待が30%ぐらいあったりするので、そんなことは無理ですよ、それはおかしな話ですよ・・・というのを心を込めて、失礼のないように一生懸命お話いたします。大体たぶん、私よりずいぶん年上の方だったりします・・・ので、余計に気を使います。

メールや電話で、1時間とか・・・えっと、相談料は無料です、その間、私一切の家事育児、自分の犬猫の世話、ストップします…でも、犬のためにと思って…

 

そういったことを

何度も何度も行っていてですね、

それで、ぜひお願いですが、

犬猫の寿命は、ざっくり15年。

飼うときは、必ず自分の年齢に15を足してください!(子犬子猫の場合)

その頃が、一番お手間も、お金もかかる頃ですよ!

足し算できますか?できますよね?

 

では問題です。

「一人暮らしでは、寂しいし張り合いがないわ」というまだまだ元気な65歳のお母さんが犬を飼いたいと言いました。

あなたは何と言うべきですか?

①「ボケ防止にもなるし、いいんじゃない?」

②「ちゃんと世話できるの?」とだけ言ってお母さんの人生だからと黙認

③65+15=80をしてビックリして止める

④65+5=70ぐらいなら、ありかな?自分も手伝えるかな?と考えて、10歳ぐらいの保護犬を探す。

 

多分、①や②の方が、5年後ぐらいに、アニサポに電話してくるんですよね…

 

 

ほんとお願いします。

どーしても、子犬子猫から飼いたかったら、

55歳までにしてください!

55+15=70

あ~これでも、ちょっと心配(;'∀')

ご夫婦揃ってるとか、ご家族が同居してるなら、って条件にしましょうか・・・

ほんと、足し算しっかりやってください!

 

 

 

 

2017年

10月

19日

身近に起こっている猫の虐待を想像、妄想を膨らませて気にかけてみる勇気

もうこのオバサンは、全力で想像して妄想して、

ひょっとして?と思いながら、でも何の確証もなく

今日のこのブログを書いております。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

多くの猫を虐待し、その動画をネット公開し、賞賛を受けていた人物が逮捕されたという報道がありました。

実際に虐待するニンゲン

自分はやらなくても、それをほめたたえるニンゲン

社会人として仕事していて、家族がいて、フツーに見える人の、何パーセントかが、そういった考えを持ってるのは、ショックです。

 

でも、自分のすぐ身の回りで、そんな人がいるかもしれないとは、なかなか、思えないもの…

 

 

しかし・・・

つい先日日曜の夕方、保護犬の散歩をしていた時、自宅近くで猫の死体があるのに気が付きました。近所に住み着いている野良ちゃんかな…かわいそうに。

事故にでもあったのかな。顔を知っている子だったら、悲しいなぁ・・・

と思って近くに行ったときにお顔を覗くと…

 

 

顔がない。

びっくりして、

近くに行くのも嫌だったけど、

でも・・・よくよく見ても、顔がない。

そして、さらによくよく見たら、お腹がスパッと切れていて、内臓がない。

だからと言って、出血痕もない。

そう、血だまりもないのに、首が切られて内臓もなかったんです。

 

しかも、よく考えたら、そこは車道ではなく、車の入れない堤防上のスペース。

事故で、首が切れますかね?

車道からは高低差もあり距離もあります…

 

頭の中は、???????だらけ。

 

 

何人かに相談しましたが、

やはり、これはおかしいと言います。

どこかで人為的に、このようにされ、この場所に放置されたと疑い、警察にも届け出ました。

 

 

こういったこと、やっぱり身近にもあるんだ・・・

少なくとも、一人の怪しいニンゲンが、私の近くに存在してるんだ。

 

 

そう悟って、2週間後の土曜の昼頃、

車で、川添いの道を走行中、子猫が2匹道の真ん中に倒れていました。

地元の人が通る交通量の少ない道ですが、車にひかれたのかな。

兄弟の猫かな?2か月ぐらいの子でした。

でも、このサイズの子が2匹そろって道の真ん中でひかれちゃうのかな?

何やってたら、こんな事故が起こるのかな?

なんか???が少し出てきて、徐行して通り過ぎるときに、確かに、1匹の子は、ひかれたような跡がありましたが、もう一匹の子は、傷もなく、出血もなく…

 

うう~ん、

なんだかなぁ・・・と思って1~2分ほど車を走らせると、

また道の真ん中に、子猫が。

ひかれたような跡はなく、出血もなくキレイなまま。

しかもさっきの2匹と同じ月齢サイズで、そのうちの一匹と同じような柄。

兄弟だ。

でも、さっきの場所と1キロ以上離れている。

 

子猫の兄弟が、3匹、何キロも道の真ん中を歩き、次々ひかれた?

 

絶対おかしい!

そう思って、引き返し車から、猫を再度確認すると、

出血はないのですが、透明の液体が体の周りに溜まっていた跡が残っていました。

わかりやすく言うと「死体の周りの地面が水で濡れている」

3匹ともです。

 

これは何を意味しているんでしょうか?

また頭の中は、??????だらけになりました。

 

 

 

 

 

こういったことがあって、

思うのは、

私はボランティアをしているので、できたら元気な状態で保護してあげて、里親さんを探してあげたかったな。でも、この子とは、そういう縁がなかったんだな。

ただ、亡くなってからでも私の近くに来たっていう縁(理由)があったんだなって。

きっと何かを訴えたいんだなって。

 

 

 

不幸にして亡くなった子の様子を、勇気を出していろいろな想像をしながら見てあげることが、虐待事件を防ぐ一歩になるかもしれません。その子の命を見送ってあげる供養の一つになるかもしれません。亡くなったこの訴えを聞いてあげる勇気。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

*もし、身近で不審な動物の死体があった場合警察などでは、相談係のようなところが聞き取りをして記録してくれるかと思います。(かといって1匹の猫のために、何か捜査してもらえるとは思いませんが、同じような事案が起こっている場合など、情報の一つにはなると思います)

*3匹の子猫について。

2か月ぐらいの子猫(キジ1、白キジ2)の現場のすぐ横に愛知県内のある地域のナンバーの車が停まっていて、30~40代の男性が一人乗っていました。(現場は愛知県内ではありません)気になる方がいらっしゃったら、お問い合わせください。

 

 

 

2017年

10月

10日

譲渡会ありがとうございました!

三連休の真ん中、日曜日の譲渡会ありがとうございました!

暑かった…予想以上に暑かった…

もちろん夏の暑さとは違うんですけど、涼しい秋に慣れていたので、暑さが身に沁みました。

 

今回は、テントを広く使わせていただけたので、たくさんいた猫ちゃんコーナーも、余裕があって、ありがたかったです。ニャーニャー、かわいい子が満載でしたね。

この時期保護数のピークを迎えているので猫ちゃんのボラさんは疲れのピーク!ではありましたが、みんなで頑張りました!これだけたくさんの子が、いつの間にか、全部決まっていく…はずです。

頑張るしかありません!

 

この日は、秋のお祭りや、あちこちの運動会があったようで、落ち着いた中での譲渡会でした。

 

今回も、いただいたアンケートを順次検討させていただいております。

ご応募ありがとうございます。1週間ほどお時間いただくかもしれません。

よろしくお願いします。

 

また特に子猫ちゃんにつきましては、

来月の譲渡会を待っていると、また一回り大きくなってしまいますので、

気になる子がいましたら是非、「ご家族希望フォーム」から、直接ご連絡ください。

個別の対応もさせていただきます!

 

 

 

 

2017年

10月

07日

20?30?★明日は譲渡会です!

ご支援ありがとうございます。

日々、ご寄付のメールなど絶えずいただいております。ありがとうございます。

 

明日の日曜日は、定例の譲渡会です。

お天気は、晴れ、気温も、28度予想です!

ええ~、昨日も今日もこんなに涼しく、いや、寒いぐらいだったのに~?

 

いつも多くの方にお越しいただいて、お待たせすることも多いので、皆様暑さ対策をお願いします!

 

明日お目にかかるのは、どれぐらいかな?ボラさんが数えたら、ワンコは、5ぐらい?6ぐらい?ですが、ニャンコさんは20?30?????ええー!ほんとにそんなに?っていう数になっています。ちゃんとテントに収まるんでしょうか…?朝のセッティングが頑張りどころの猫チームってことになります。夏生まれの子猫さんたちが、ちょうどいいところまで育っていますので、猫ちゃんとの出会いを探している方にとっては、最適のタイミングかと思いますよ。たくさんの中から、お気に入りの子を選んでいただけますので…

 

皆さんのご来場をお待ちしております。

 

 

2017年

10月

05日

ボランティアが預かる意味

先日夕暮れ時、ミックスの3か月ぐらいの子犬を散歩させているご家族を見かけました。

ワンコは、怖がりさんのようで、何かが怖かったのか、リードで引かれても足が完全にストップ!でも、飼い主さんは、力ずくでぐいぐい引くので、ワンコは、ずるずる~っと引きずられ、飼い主さんは、怒って、何か言って、嫌々抱っこして去っていきました。

 

その方に、話を聞いたわけではないので、勝手な推察ですけど、

もともと怖がり気質の子犬、慣れない外の世界で、音や雰囲気で、もう限界だったんと思います。

アニサポでも、そんな子何頭もいました。

散歩に行けない、歩けない、怖くて怖くて動けない。

そんな気質の子もいるんですよね。

小さな小型犬なら、まぁ、ずっと抱っこしたらいいんですけど、これから、10キロ超えていくミックス犬、いつまでも抱っこってわけにはいきません…

 

フツー、子犬って、無邪気で、コロコロ歩き回って楽しく・・・ってイメージありますよね…だから、この飼い主さんもそんなお散歩を想像して、飼い始めたんじゃないのかなぁ…

 

だけど、その子は違ったんですね。

だからどうしてこんな行動をとっているのかわからず、どうしたらいいのかもわからずイライラしちゃっっているんですね。せっかくの楽しいお散歩タイムが…

もし飼う前に、「この子は、散歩が苦手ですよ。こうやって慣らしてあげてくださいね」とアドバイスがあったら、こうならなかったと思うんですけど…

 

わざわざ、ボランティアから犬猫をもらうって、

なんか、いろいろうるさく言われそうな気がするかもしれませんが、

きちんとしたボランティアなら、健康面のケアはもちろん、その子の性格や癖も、よく見てご紹介できますので、今後飼ううえで、参考になると思うし、対策もできると思うんですよね…

上手にその辺も利用してもらうといいのにって思います。

 

 

先日もですね、

名古屋市愛護センターさんから、ワンコを引き出したんですけど、自宅に連れてきてみると、センターさんで見せていた姿と違うところが見えてきたってことがあったんです。

えっと、その子、とっても人懐っこい子なんですけど、なぜか?暗い時間にスーツで帰宅する旦那に歯をむいて、すごい吠え付くんです。旦那にはすごく懐いているのに。スーツで帰宅すると、ギャオギャオ吠えて、大急ぎで、1分後にTシャツ・短パンに着替えて行くと、もう、しっぽ振ってキャンキャン甘えるっていう…いや~、中身同じ人なんだけど~わからないの?って、すごい不思議。

名古屋市愛護センターさんは、とても丁寧にお世話して日々の様子も細かく記録されて、どんな子か詳しいレポートもつけて渡してくださるんですけど、「フツーのお家で暮らすとどうか?」は、ボランティアが自宅に連れ帰ってみないとわからないところもるんですよね・・・これはセンターさんが悪いわけではなくて、ここが今後のボランティアの存在意味っていうことだと思います。

 

どこのセンターや保健所も、

さっ処分ゼロを、目指すっていう時代になってきました。

捕獲されて3日で処分、って時代は終わりつつあります。

ボランティアが処分主義の保健所と対抗するように、必死になって無理してでも、保護しなきゃいけない時代は終わりつつあります。

 

じゃ、ボランティアって、何したらいいの?っていうことがこれから出てくると思います。アニサポでは、処分されないように、とにかく保護する…シェルターや、保護施設を作ってたくさん保護するっていう方向は全く考えられないって思ってます。

自宅で、人と一緒に暮らす経験をしてもらって、その子のことを見極め、丁寧に譲渡していきたいです。

 

処分されないように保護する

のではなくて、

譲渡するために保護する

 

そういった考え方で、やっていきたいなぁと思っています。

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

29日

なんもしてない…

いつもご支援ありがとうございます!

ふと気が付けば今年の動物愛護週間、終わってました…

ブログなどを拝見すると、多くの団体さんがこの時期にいろいろなイベントをされていましたね。

今や多くの方がさっ処分や保護犬猫のことに関心を持っていただいていているので、にぎわっていたのかなぁ。

 

アニサポは、なんもしておりません。誰も一言も、「・・・なんかする?」ともいいません。やるときはやる、やらない時はしない・・・。なんもしない。アニサポらしいっていうか…

 

 

そんなわけで、

イベント的には何事もなく、

いや実は、犬拾ったり、犬洗ったり、大慌てで、医療ケアしたり、

猫拾ったり、猫ミルクやったり、洗っても洗ってもきれいにならない猫洗ったり、

いろいろして、次回の譲渡会には備えております。

 

愛護週間は何もしてませんが、その分の気持ちを

次回の譲渡会にドカ~ンとぶつけて頑張りますので、

なにとぞよろしくお願いいたします!

 

次回は、10月8日(日)いつもの長楽寺さんにて。

 

今週末は運動会のところが多いようですね。

皆様、秋のご予定は今週終わらせて、

10月第2週は長楽寺さんへ。

よろしくお願いします!

2017年

9月

14日

お中元などお心付けはお断り(怒)の件

いつもご支援ありがとうございます。皆さんからの募金、ご寄付で活動できているアニサポですが、

このようなお中元は一切お断りしています。

 

先日メンバーの実家の工場の敷地内に、早朝見慣れない箱が置かれていました。

中を開けると、子猫が3匹。

メロンがちょうど2個入る箱に、ぎゅうぎゅう詰めの子猫。ご丁寧に、「お中元」って熨斗がついていました。

 

気が付くのも、それからの対応も早く幸い、子猫たちは生きています。

 

あのですね、

アニサポがこんなできごと書くと、ちょっとお笑い要素入っちゃって、もちろん、この子たちはメロン隊とよばれていますしね、すごくかわいい子たちなんで、間違いなく、いい子に育てて、びっくりするぐらい素敵な里親さんを探す気満々なんですがね…

だから、猫ちゃんたちはぜんっぜん、心配していただかなくて大丈夫ですがね。

 

 

 

大変、僭越ながら、

何が問題って、ここに捨てていった人のココロです。神経です。

工場を閉めるときはここになかった箱、人が来るのを見計らいしかも自分は見つからないようにそっと置かれた箱。この工場には、猫を大切に思っている人がいるってことを知って置かれた箱。まるで、「空き地にポイと捨てるよりは、私、優しいでしょ?」とでも言っているようで大変腹立たしい。

どうしたら見つからず、殺さないで捨てれるか考える知恵もあり、しかも、メロンのお中元を2個ももらえる?買える?経済力もあるのに。

 

無責任で、非情で、ずるがしこく、言い訳満点で置いて行った人物の腐ったココロと消費期限切れまくった神経はもう、吐き気がいたします。

 

今後このようなお心付けはお断り申し上げます。

 

2017年

9月

11日

譲渡会ありがとうございました!

日曜日は7月以来の定例譲渡会でした!

たくさんのご来場ありがとうございました。

 

今回もかわいかったんですよね…かわいい子が多かったんです。久しぶりだったんで、数も多かったんですけどね。

アニサポのアンケートは、第3希望まで書いていただくようになってるんですけど、選べない~!順番なんてつけれない~!どの子もかわいい~!っていう方も多数いらっしゃいました。

悩みますよね~

ご家族皆さんの意見もまた微妙に違ってくるし…

 

でもなんとか、ご記入いただいたたくさんのアンケート・・・

今度は、私たちが、決めれない~どのご家族もいいし~、と悩ませていただきます。それぞれの子にピッタリのお宅を様々な条件や、お人柄やらで決めさせていただきます。

もうしばらくお時間をいただきます。よろしくお願いいたします。

 

 

でも・・・「あれ?こんなにカワイイのにご応募なかったなぁ…」っていう子が今回もいるんですよね~不思議なんですけど、そういう子が次回の大注目の的になったりするんですけどね。「まだ、世間があなたの可愛さに気が付いてないのよ!」

っていうことで、すでに次回を見据えている子もおります。

 

また、今回もたくさんのご支援をいただきました。いつもありがとうございます。

毎回、何かしら大荷物を運んでくださる里親さんや、私たちとは、今まで何のご縁もなくても、ご信頼いただいて、わざわざ物資を託してくださる方など、今回も、写真のようにたくさんの物資をありがとうございました。預かりスタッフみんなで分けさせていただきました。

 

もちろん、いつも開催を支えてくださっている長楽寺のスタッフの皆様など、多くの方のおかげで、今回も無事終わることができました。多くの犬猫たちが、新しいスタートを切ることになりました。

 

すべての方に感謝して☆