2017年

7月

20日

7月23日は長楽寺さんの盂蘭盆会

皆様、あっっつい中、お元気でお過ごしですか?

犬猫のためと、言い訳をして、エアコンガンガンにつけて、ごろごろしてませんか?

暑すぎて遅い時間しか散歩に行けないわ~ と言いつつ、気が付いたら真っ暗になっていて、「わぁ!もうこんな時間!」って大慌てしたりしてませんか?

こんなに暑いと、正直、毛が全身に生えている犬や猫なんか、誰も、触れ合いたくないですよね?「遊んで~ねぇ、遊んで~」ってくっついてきますからね。汗で湿った足や手に、犬猫の毛がくっつきますからね。

 

ああ~も~、ほんとに「快適」とか、「さわやか」ってどんなだったか、思い出せませんね。

毎年、暑い夏は来るとわかっているのに、なんで、犬猫をつい飼ってしまうんでしょうね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、どんなに暑苦しい子でも(;^ω^)

どんなにお手間のかかる子でも

 

今までいた子がいなくなってしまうというのは、

本当にさみしいものです。

 

ましてや、賢くて、優しくて、可愛らしかった子を失うというのは、

言い表せないくらいつらいものです。

 

 

長楽寺さんの盂蘭盆会にお邪魔して、

暑い中、大渋滞の中、途切れることなくお参りに訪れるたくさんの人の列を見ながら

同じ思いの人が、こんなにいるんだなぁと、思います。

励まされるというか、なんとなくの一体感というか、そういう空気を感じる時間です。

 

亡くなってしまっても、

心になかにずっと居るんだということを

改めて思います。

 

 

 

 

当日アニサポは、

長楽寺さんのテントをお借りして

皆さんのお気持ちに沿えるような品をフリマとして出させていただきます。

特に今回は、クラフト作家さんが、心を込めて作っていただいた可愛らしい作品が多く集まっています。売り上げはすべて保護犬猫の医療費となります。

また、募金箱も置かせていただきます。こちらも医療費に使わせていただきます。

 

「今はまだ、新しい子を迎える気持ちには、なれないけど…かわいそうな子たちのために使ってくださいね」と、募金いただくことが多いです。

私たちもそのお気持ちを引き継いでいきたいと思います。

 

ご参拝予定の皆様、

ぜひお声掛けくださいませ。

 

 

7月23日(日)16時ごろから

長楽寺動物霊園さん「盂蘭盆会」 

境内のアニサポテントにてお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

7月

13日

出発!赤ちゃん猫

朝早く、ボランティアのちーさんの携帯が鳴りました。

「あれ?知らない番号だわ…もしもし~?」

「あ…もしもし、犬猫のボランティアさんですか?」

ちーさんは、捨てられた犬や猫を保護して、新しいお家を探してあげるボランティアをしています。だから、この電話は、きっとかわいそうな犬や猫のこと!とピンときました。

「はい、そうですけど・・・どうされました?」

「あの…今、トラックで配達に出発しようとしたら、荷台に子猫がいるんです。配達の時間が決まってるから困っちゃって…保護してもらえませんか?ぼく、トラックの運転手なんです。」

「それは大変!でも・・・私だって急にこんな朝早くから…今日の予定もいっぱいあるし…子猫は元気そうですか?どんな大きさの子?」

「もぞもぞ動いてはいるけど…目が開いてなくて、とっても小さいです」

「ええ?目が開いてない?ひょっとして子猫どころか、生まれたばかりの赤ちゃん?だったら、一刻も早く保護してあげないと!」

 

これは大変なことになったぞ、とちーさんは思いました。

赤ちゃん猫は、とても敏感で、寒すぎても暑すぎても、ちょっとお腹がすいてものどが渇いても…あっという間に弱ってしまうんです。

「こちらに連れてきてくれたら、お世話しますよ。」

「え、でも、ぼくは大切な配達があるんです。今すぐ出発しないと!」

「私だって、仕事や、約束や、やることがあるんです。急に言われてもすぐにそちらにとりに行くことなんてできないですよ…」

「・・・・じゃぁ、どうしようもないですね・・・」

トラックの運転手さんは、悲しい声で、電話を切りました。

ちーさんだって、心が張り裂けそうです。

切った電話の遠くから、赤ちゃん猫の「にゃぁにゃぁ」という小さな鳴き声が聞こえていたんです…

 

携帯を持ったままちーさんは、トラックの運転手さんが今から配達するといっていた方向を頭の中で思い浮かべました。どうしよう、どうしよう、何とかならないかな。誰か…誰か、手伝ってくれる人はいないかな…と。そして、「あっ!」と声をあげました。慌てて電話をかけました。

「もしもし?運転手さん?ゆめが丘保健所ってわかります?猫ちゃん、そこに連れてってもらえませんか?」

「え?保健所に?」

「そう、そこにね、知り合いの獣医さんが働いてるんですよ。その人に保護してすぐにお世話してもらうよう連絡しますから!」

「うう~ん、場所はずいぶん近くだけど…配達の予定はもう遅れ気味で…ぼくが届けに行くわけには…」

運転手さんはずっと考えて、「わかりました。何とかします。」とだけ答えて、電話を切りました。

 

ちーさんは、ゆめが丘保健所で働いているしー先生に電話しました。

「しー先生、朝からごめんなさいね。今から、赤ちゃん猫が保健所に行くから、ついたらたっぷりミルクを飲ませてあげて!」

 

しー先生にお願いしたあとも、ちーさんは、運転手さん、配達どうしたんだろう、赤ちゃん猫は本当に保健所に行けるのかな… と心配でした。

 

すると、そこに、また電話が!

「もしもし!運転手さん?どうなりました?」

「今ね、猫ちゃん出発しましたよ。保健所に向かってますよ。」

「ええ?出発した?向かってる?」

「着いたらお世話お願いしますね!ぼく、配達行ってきます!」

 

 

しばらくすると、しー先生から電話がかかりました。

「ちーさん?赤ちゃん猫たった今つきましたよ。すぐにミルクをあげるわね。もう、びっくりしたわ・・・赤ちゃん猫、タクシーに乗ってきたわよ!」

「え?タクシー?」

「そう、タクシーに乗ってここに来たわ。ひとりでタクシーに乗ってきたのよ!」

なんと、赤ちゃん猫は、小さな箱に入れられて、タクシーに乗ってたったひとり?でやってきたのです。小さな、小さな赤ちゃん猫は、生後2,3日、100gもない子でした。「私もね猫は大好きなんですよ。でもね、お客さんとして乗せたのは初めてだよ。しかもこんなに小さなお客さんは新記録だね。」と、タクシー運転手のおじさんは、にこにこ笑っていたそうです。

 

 

まだ、目も開いてなかった赤ちゃん猫は、トラックの運転手さんの心配そうな顔も、タクシー運転手さんの優しい顔もわからなかったでしょう。しー先生がおいしいミルクを急いで作ってくれたことも覚えていないでしょう。

でもね、みんながあなたの幸せを祈って一生懸命してくれたことは、忘れないでね。

安心して、大きくなってね。

と、ちーさんは、携帯電話を持ったまま、お家の窓からゆめが丘のほうを見ていました。

2017年

7月

12日

お別れの多い季節

梅雨というか、夏というか、

真夏よりかえって暑く感じて、不快指数も上がるこの時期…

 

人間もつらいですが、

小さなワンコ、ニャンコにとっては、もっとつらいかもしれません。

身体にハンディを抱える子や、シニアの子ならなおさらです。

だから・・・

ですよね、

悲しいお別れがどうしても多くなります。

 

 

あの子も、え、あの子も?・・・

という中でも、

特にアニサポ応援団、ご支援いただいている皆様にお知らせしたかったのは、

アニサポで里親さんを募集していた、マルチーズのレオン君とのお別れです。

 

命に係わる心臓にハンディを抱えていることがわかり、

できる限り快適に過ごせるように預かりボラさんが、一生懸命お世話してくださって、約5か月…楽しく元気に、甘えん坊全開で、過ごせた日もたくさんありましたが、残念ながらお別れの時がやってきてしまいました。

 

 

アニサポでは、自分たちの責任をもってできることをよくよく考えて、

「よい里親さんを探して譲渡する!」前提で、どの子も保護しています。

レオン君も、良いご家族を見つけてあげたかった。

奇跡が起きたらよかったけど。

 

この子が、犬生最後の5か月を、アニサポのもとで、預かりボラKさんのお家で過ごしたのは、きっと何かのご縁だったし、この子の持っていた「ラッキー」のすべてだったんだと思います。

 

最後までよく頑張ったレオン君については、

預かりボラさんのブログに紹介されていますので、

よかったら見てあげてください。

 

nokoままとワンコ達さんのブログ「ワンコと一緒」

http://ameblo.jp/noko-chanwithdogs/entrylist.html

 

 

ご支援、応援ありがとうございました。

 

2017年

7月

10日

7月譲渡会ありがとうございました!

日曜日の譲渡会は、曇りのお天気に助けてもらい、犬猫たちは、体調を悪くすることなく終わることができました。(でも一番力仕事をしてくれるボラさんは、休憩スペースで、保冷剤抱えて倒れておりました(;^_^A いつもありがとうNさん!頼りすぎてごめんねぇ)

 

しかし、この気温湿度はもう限界ですね…

ご来場者の皆様も、汗をふきふき、熱心に見ていただきました。

無邪気な子猫たちが、コロコロ遊びまわる姿にみんな釘つけでしたね。

 

今回も、良いご縁ご応募をいただいています。

夏休みをかわいい子と一緒にスタートできるお子さんもいるかな。

ご応募ありがとうございます。

ただいま検討をさせていただいています。

 

 

フリマにもたくさんの可愛い商品が並んでいました。

個性的なクラフト作家さんに作品をご寄付いただくことも増えて、

犬猫たちのためにと気持ちのこもった、温かい作品がたくさんありますよ。

 

次回、アニサポは、

長楽寺さんで行われる盂蘭盆会に参加させていただく予定です。

アニサポテントにて、屋台風フリーマーケットをさせていただきます。ご参拝にみえる方のお気持ちに沿えるような 可愛らしいものを選んで並べようかな、と思っています。

売り上げは、保護犬猫たちの医療費にさせていただきます。

 

毎年、多くのアニサポの里親さんが声をかけてくださって、

いつもの譲渡会とは違って楽しくお話しする時間も多くあり楽しみにしています。

ぜひ、お声掛けくださいね。

 

 

 

2017年

6月

27日

お久しぶりでございます~

皆様、こんばんわ~

久しぶりのアニサポ公式ブログ更新でございます!

公式とエラそうに言っている割には、ちっとも更新しなくて、

なんもしてね~んじゃねいか?と、心の奥底で疑っているそこのアナタ様!

 

正解!

このブログを書かせていただいている本人は、訳あって、たいして働いておりませんでした!

が、

その他のメンバーは、毎日忙しく 様々な事件、出来事、ハプニングと、戦っておりました。

 

訳というのは、首を痛めてしまい、病院通院してました。

動物病院はよく行くんですが、人間の病院はあまり行かないので、その仕組みがわからず、受付後待合コーナーで、1時間たってもワタシを呼んでくれない…「ええ!この病院の受付ってそういう流れだったんですかぁ!」とか、私の両隣の人は、ビビビ~と電気治療されているのに、同じ並びの私だけ器具つけたまま何分も放置されるとか・・・「同じ人間として扱ってほしい」と切に願うこと何度もありました。もう、半分犬に見えるんでしょうかね、私。

首が痛くて、このパソコンのキーボードの高さに手を上げる中途半端な位置が痛くて・・・そんな訳でご無沙汰してしまいました~

 

いろいろあった中で、また皆さんに聞いていただきたい出来事

今度書かせていただきますね!

 

まずは、

アニサポ陰ながら頑張ってま~すのご連絡という短めのブログをリハビリ代わりに書かせていただきました~

 

2017年

6月

10日

手羽先サミット★ありがとうございました

今日は、手羽先サミットに参加しました!

手羽先サミットのテバッキーも、アニサポのボランティアスタッフ黄色いクマちゃんもがんばっていました~

 

お買い物してくださった方、クラフト体験のブレスレットを作ってくれた方、ありがとうございました!

 

愛護センターのスタッフさん、

いろいろとご親切にしていただいてありがとうございました!

 

どこで何やっても、

絶対に「楽しい思い出♡」にしてしまうアニサポメンバー、

手羽先も、いろいろいただきつつおいしかったお店にきっちり投票して、解散したスタッフ一同でございましたっ。

 

さ~て、明日は、長楽寺さんの譲渡会で~す。

明日も、楽しく頑張りま~す。

皆様、ぜひかわいい子たちに会いに来てくださいね~♪

2017年

6月

04日

犬猫チャーム付き★ブレスレット

いつもご支援ありがとうございます!

 

6月10日(土)10時~13時

日時限定で、

「手羽先サミット」に参加させていただきます!

 

少し、詳細をお知らせいたします。

 

まずはアニサポの出店場所ですが、エンゼル広場の「エンゼルブリッジ」付近です。

松坂屋北館さんと、電通中部支社・日経名古屋支社さんの間ぐらいです。

 

 

また、アニサポブースでは、「クラフト体験」を行います。こんなかわいいブレスレットを色や、犬猫チャームにこだわって、お好きなイメージで作っていただけますよ。

これからの季節、半袖のTシャツに、こんなかわいいブレスレット、いいですよねぇ~♪

 

これが、予定価格としては、500円!

売り上げは、犬猫たちの医療費とさせていただきます。

コスパもよし!その上、保護活動にもプラスになる!

いいですよね~♪

 

まずはこれ作ってもらって、気分よくお腹一杯手羽先食べてきてくださ~い。

 

 

2017年

6月

03日

サミットに呼ばれている件

皆様こんにちは。

三重県在住のボラもたくさんいるアニサポですが、

昨年の「伊勢志摩サミット」は特に何のお誘いもなかったんですが←あ、当たり前ですね

今回名古屋市で行われる「手羽先サミット」には、呼ばれているアニサポでございます!

 

手羽先と犬と猫

 

何の関わりが?

 

わかりませんが(;^_^A

 

なので、お誘いいただいた際は、一瞬戸惑いましたが、

手羽先が好きだったから、参加させていただくことにいたしました!

できたての手羽先を、

全国いろいろなところの名物手羽先を、

あれこれ食べれるサミットです!

伊勢志摩サミットより断然行きた~い!

いや~、楽しみですねぇ。

 

で、アニサポはそこで何するか?というと、

手羽先はつくりませんが あはは~

日頃の活動のPRと、

厳選した犬猫関連のフリマ

ハンドメイド作家さんがご寄付してくださった商品の販売

「クラフト体験」コーナーなどをやろうかな、と相談しています。

 

手羽先サミット

2017年6月10日(土)10時~13時

名古屋市中区 久屋大通公園一帯

アニサポ出展ブースは「エンゼル広場」あたりです。

 

今回のお話は、手羽先サミットの主催者さんが社会貢献のために、名古屋市動物愛護センターさんを招待され、センターさんから日頃関わりのある譲渡ボランティアさんたちにPRの機会をということで、時間を区切って各団体が順番に出店する形になっております。

ですので、サミットは9日(金)~11日(日)まで行われていますが、アニサポは、10日(土)10時~13時のみです。ほかの日時は、違う団体さんがPRされます。

*飲食ブースがメインのイベントのため、保護犬猫の参加はありません。

 

犬猫が好きで、

アニサポが好きで、

手羽先が好きな

三拍子♪そろった方は

ぜひ、遊びに来てください!

詳細は、またお知らせいたしますので、とりあえず、予定押さえて手羽先代を用意しとていてくださいませ!

 

手羽先サミット 2017

http://www.tebasaki-summit.com/

 

 

 

2017年

5月

29日

ご支援ありがとうございます!

続きを読む

2017年

5月

28日

さっ処分ゼロの向こうに

ここ数日・・・・

猫の神様の何のたくらみか…

アニサポに、毎日毎日、子猫が集まってきております…

愛護センターさんから保護する時は、保護依頼があって、受け入れ態勢を整えて、予定を組んで、保護することができるのですが、「今保護してしまった!」っていう案件は、え、どんなサイズをいくつ?え、健康状態は?え、どこに置く?とそのたびに大慌てになります。それが、毎日大慌て…

 

保護される状況はいろいろですが、すべての子を元気にして里親さんにつなごう!っていうその一点で何人ものボラさんが動いています。

 

 

この時期の猫チームは、休まる時がないんですけど、この毎日が確実に結果に表れてくるので、どのボラさんも、必死です。

譲渡会では、「どの子もかわいい~」と褒めていただく子猫ちゃんたちは、こういう地道な日々のお世話に支えられているのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、

ここでいきなり、数字が入ってくる話になるのですが、

まぁ、算数苦手な人間が書く話なんで、たいしたことではありません。

 

愛護センターさんに赤ちゃん猫が10匹保護され、ボランティアに引き出し依頼があったとします。

団体Aは「3匹ならできます」と連れ帰り、団体Bは「私たちが引き取らないと、処分されてしまうのかな・・・じゃあ頑張ろうかな」と7匹引き取ったとします。

 

 

団体Aは、丁寧にお世話をしてすべての子を安心サイズまで育て、3匹とも、素敵な里親さんに譲渡しました。つまり、生存率100%、譲渡率100%、譲渡数3

 

団体Bは、頑張ってお世話をしたけど、2匹は亡くなってしまい、残った5匹のうち、3匹を無事譲渡しましたが、ほかの2匹は縁がなく、もうすっかり何年も団体の居候猫になってしまい…この場合だと、えっと~計算機計算機~!生存率71%、譲渡率42%、譲渡数は3

 

この2団体の活動によって、10匹の赤ちゃん猫で処分された子はいません。

では、どっちの団体の活動が、評価される?

「さっ処分ゼロ」に貢献したのはどっち?

いや、もっと、簡単に、

 

皆さんなら、どっちの団体を応援します?

 

 

どっちの団体も頑張ったんです。

ボランティア一人一人は、必死にやったんです。

 

 

でも、現実は残酷で、数字は残酷で、命をなくしてしまった子が2匹います。

頑張ったけど死んでしまった子たちは、処分されて死んだわけではないけど、別のやり方、別の処置、別の対応、別の団体や、別のボランティアがお世話したら、助かったのかもしれません。

生死と同じように、譲渡率や数字では表せないけど譲渡の内容も、どうしたらもっといい出会いを見つけてあげられるか、常に、そのやり方を考えていかなくては・・・

 

さっ処分ゼロ、とっても大切なことです。

でもゼロの向こうには、いろいろなものが見え隠れしています。

ゼロだけを目指すと大きな落とし穴がすぐ後ろに隠れています。

 

そこにどっぷりはまってしまって、自己満足だけのボランティアが増えてしまうと、死に場所と、死ぬタイミングが変わるだけで、犬猫たちの幸せのための活動ではなくなってしまいます。

 

つまり、あえて厳しく言うなら

保健所で死ぬか、ボランティアのもとで死ぬか

数日で死ぬ(処分される)か、数日後~数年後ボランティアのもとで死ぬか

 

という違いでしかなくなってしまいます。

 

ボランティアは、「引き出す・保護する」ということは、譲渡までの責任をできる限り早急に確実に、実行するとその犬猫に対して約束するということだと思います。やっぱり、100%100%を約束してあげないと、その子を引き出した意味がない。

 

ゼロにするために、その子を引き出すんじゃないんです。

その子自身を幸せにすることがゼロに向かっての1なんです。

 

名古屋市愛護センターさんは、昨年度犬のさっ処分ゼロを達成されました。

 

三重県では、動物愛護推進センター「あすまいる」が5月28日に開所するそうです。

 

こういったタイミングで、

あえて、自分たちの活動を「頑張ってる」以外でも冷静に評価していけるボラでありたいと思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

そんなわけで、

家事育児仕事の合間に、せっせとミルクをあげ、こまごま体重を測り…飲みたいお酒を我慢して夜中も授乳、急いで病院に走ったり…

まだまだ、数か月続きます。

アニサポ猫チーム、身の丈に合った高い目標(ん?ちょっと日本語的に?)を掲げて乗り切る覚悟です。

応援よろしくお願いします。

 

2017年

5月

15日

譲渡会ありがとうございました!

日曜日の譲渡会、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

気持ちのいいお天気で、力仕事をした時や、ご来場者様が多かった時間は込み合って、蒸し暑いほどでした。

特に今回は、猫ちゃんコーナーが大人気☆ちっちゃな猫ちゃんたちの無邪気な動きにみんな夢中でしたね。

 

たくさんのご応募ありがとうございます。

昨日よりさっそくアンケートの検討をさせていただいております。

 

 

また、たくさんの支援物資をいただきましてありがとうございました。

遠くから持ってきてくださる方や、重たいものを運んでくださる方など、本当にありがとうございました。

 

ボランティアメンバーも、準備から撤収まで、何の報酬もないのに!!!文句ひとつ言わず、楽しそうにせっせと働き、忙しいとご飯を食べるのも、2時過ぎだったり…しても、「ごはん大盛りお替り自由☆デザート付き♡」なお昼ご飯で、オールOK!!!

あはは~、元気でのんきなアニサポ。

 

毎月、何年もこうやって続けていられることに、感謝して。

今月もたくさんご縁が決まりますように。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

5月

12日

日曜日は譲渡会です!

いつもご支援ありがとうございます!

先日も、物資担当より、たくさんのご支援の品、フリマ用品、などいただいていると報告がありました。

ご支援なくては、続かない活動です。本当にありがとうございます!

 

 

さて、今月もあっという間に、譲渡会がやってきます!

 

今月はかわいい子猫がデビューしますので、

猫チャンス好きの方は、今から楽しみにしてくださっているかもしれませんね。

ほんと、かわいいんですよ。

アニサポの子たちは♡

 

今回は、雨の心配はなさそうなんですが…なんかこの数日、ものすごく、暑くないですか?

急な温度変化は、犬猫も、人も、まだ体が慣れていなくて辛いものです。

譲渡会も、犬猫はもちろん、ニンゲンの皆様も、お気を付けくださいませ。

 

特に、

この時期は、車の中が高温になることを、うっかり忘れがちです!!!!

ちょっとなら・・・・

は禁物です!

 

犬猫を車に残してはいけません!

 

もし残されて暑そうな子を見つけたら・・・

見ず知らずの車でも私なら、ガラス叩き割るかもしれません!

きっと、飼い主に感謝されるでしょう。

車のガラスより、犬猫の命のほうが大事でしょ?

 

 

 

ということで、

暑さの怖さを思い出しつつ、

今月の譲渡会もよろしくお願いいたします!

0 コメント

2017年

5月

04日

ついに募集開始!レオン君は頑張っているのだ!

「アニサポ☆ホスピタル」でも紹介し、時々預かりボラさんもブログに様子を知らせていてくれた、レオン君。

この楽しそうな写真の真ん中のマルチーズ君です。はい、ガチャピン着こなしてなんだかおしゃべりしてる子。

 

長い闘病生活を乗り越え、

ついに、里親さんを募集してみよう!というところまでやってきました。今日はそんなレオン君を紹介させてください!

 

 

まずは、命の危機にあったレオン君を注意深く見守り、的確な心配りでお世話してくれている預かりボラさんのお気持ちを。

 

「一緒に暮らしていると、レオンの心臓が悲鳴をあげることがわかってきます。それでも頑張って生きているレオンのことがたくさんの方に伝わればいいなぁと思います。それだけでいいなぁ、とも思います。でももし、どこかに神様のような人がいて、そんな人と出会えたらなぁとも思います。」

 

 

そうですよね。

もし、そんな人がいて、レオン君が新しい家族と出会えたら、

それは、レオン君だけでなくてほかの大きなハンディを持っている子たちの希望にもなります。

そして私たちボラにとっても、頑張る原動力になります。

さらに、「こんなハンディのある保護犬は、どうせ里親さんなんか見つからないだろう」「健康じゃないなら処分するしかない」といまだに信じている頭の固い人たちにガッンと!!『もうそんな時代じゃないんだぜっ!』と見せつけてやりたいっ!

 

 

などと、

もう、こちらの思い入れが強くて、

レオン君にいろいろ背負わせちゃってますが。

 

 

 

 

レオン君は、保健所から来た子です。アニサポに来た時には、すでにいくつかの症状を抱えていることがわかっていました。

一番、深刻だったのは、心臓です。いつ何があってもおかしくない、と獣医さんにも言われました。「看取り」も覚悟のうえで、のお世話がスタートしました。

それが今では、適切なお薬と、負担をかけない生活の工夫で、本人も幸せそうに過ごすことができるようになりました。

このあたりのコツは、丁寧にアドバイスさせていただきますね。

 

レオン君自身は、人も犬も大好きで、甘えん坊タイプ。しかも「末っ子の甘え方」だそうですby預かりボラさん

ずっと、心臓に負担になること、興奮させることなどは避けてきましたが、遊びたい!ボール大好き!なので、体調を見極めてそんなこともさせてあげることもあります。これからも楽しいことがたくさんできるといいなぁ・・・

 

 

健康な犬と同じように…とはいかないけれど、

レオン君なりの幸せをみつけてほしいなぁ。

 

 

もし、ですね、

こういったハンディをご理解いただいて、

この子と出会う運命を感じていただけたら、

一度ご連絡ください。

 

詳しい募集要項は、後日掲載される予定です。

よろしくお願いします!

 

0 コメント

2017年

4月

24日

公にはいないことにされている犬猫

保護犬猫事情に詳しい方はよくご存じだと思いますが、

ペットショップで売られている犬猫たちの親はどうなっているのか。

ペットショップで売れ残った犬猫たちはどうなるのか。

 

「ブリーダー」「繫殖業者」はどう違うのか。

子犬子猫のセリがあるとか、「引き取り屋」があるとか、

私たちふつーのオバさんには詳しくはわかりません。

こういったボランティアをやっていても、ペット業界のすべてが見通せるわけではありません。

 

工業製品や、食品は、製造過程や、流通過程もクリアで、安心安全が求められるのに、

犬猫は「家族」と言いながら、その子たちの生まれや育ちは闇の中。どうやって、このペット売り場の四角い箱の中に、やってきたんでしょうか。店員さんに聞いても言葉に詰まるでしょうね。誰か明確に説明してくれますか?

 

まぁ、まぁ、オバさん、

そんな難しいことは抜きに、

小さくてコロコロしててかわいいじゃないですか~。って言われちゃいますね。

 

 

可愛ければいい商品。

 

 

なんだか納得がいきません。

 

 

そして、

そういった疑問や、

業界の事情は、

触れてはいけないものになっています。

 

 

いい例が、

犬猫を取り上げるテレビのバラエティー番組で

タレントさんが保護施設に行って、保護犬猫のことをお世話してくれたり、

一緒に旅に行ってくれたり、

さっ処分ゼロという思いを取り上げてくれていますが、

具体的に出てくる子たちは、野良ちゃん出身のミックス犬ばかりですよね。

でも、ボランティアが保護して里親募集している子は、

繁殖業者が不要とした子や、ペットショップで売れ残った「血統書」があるような子がたくさんいます。その子たちは、自主規制なのか、チェックが入るのかわかりませんが、公の放送電波には、なかなかのってきません。まぁ、バラエティ向けじゃないのかもしれません。

 

そういったことからも、

いないことになっている犬猫が多くいることを

いないことにされたまま、苦しい環境で子どもだけ産まされている子たちのことを、

画面には映らなくても思いやっていただけたらと思います。

 

0 コメント

2017年

4月

20日

今年もやってきてますよ…

♪来る~きっと来るぅ~・・・♪

恐怖の季節が今年もやってまいりました…

赤ちゃん猫、赤ちゃん猫&赤ちゃん猫に埋もれる季節が。

名古屋市愛護センターさんには、生まれたばかりのような小さな子たちが収容され始め、アニサポにも連絡が来るようになりました。

 

もうそんな時期なんですねぇ…

 

いや、いや、

恐怖じゃなくて、

「キャァ=!可愛い~」って歓声が上がってるんですけどね、ほんとは。

可愛いから、身を粉にしてお世話ができるんですもん。

 

すべての子が無事に育って、

すべての子が幸せになるように、

細心の注意を払ってお世話しております。

 

赤ちゃん猫は、ちょっとしたことで、体調が急変し、命にかかわることが多いので、

ちょっとしたコツや、要注意の信号を見逃さないように、ベテランボラさんの経験をみんなで共有し、24時間赤ちゃんたちの顔色を見ながら・・・

その様子は、

「自分で産んでない子をよくここまで大切に思えるな…」と、ふと思ってしまうぐらいです。いや、もっと言うなら、「人が捨てたもんをよくここまで大切にできるな」って表現が正しいかも。

 

 

 

 

愛護センターさんには、引き出した犬猫すべての譲渡状況を報告することになっております。どの団体さんもそうです。

アニサポで、いくつの赤ちゃん猫を引き出し、大きく育てて、里親さんにきちんと譲渡しているか、センターさんならわかってらっしゃると思います。

アニサポ、ちっともカウントや集計や、計算とか、しないんで(;^_^A

自分たちは、よくわかってないんですけどー

 

 

 

今すくすく育っている子たちの可愛い姿は、

アニサポホームページの「アニサポ☆保育園」や、

預かりさんのブログなどを探してもらうと、見ていただけますよ~

 

大きくなって譲渡会にデビューしたら実物、本物を見ていただけますよ~

 

みんなおおきくな~れ。

 

 

0 コメント

2017年

4月

10日

白黒猫のレオ君のこと、ご報告します

アニサポにいてくれたのは、2か月と半分ほどでした…どの子もその後は、優しい里親さんのお家に行くのですが、レオ君は、お空に行ってしまいました。

 

1月14日大雪の日に、箱に入れられて捨てられていたレオ君、保健所経由でアニサポに来ました。

 

ひどい猫風邪で、目が閉じていました。

早速目の手術をしてあげようとしたのですが、発作が続き、何度も入院してすんなりとはいきませんでした。体調を見ながら手術をしたのですが、残念ながら視力は回復しませんでした。

薬の効きも悪いようで、発作も頻繁に起こりました。

 

レオ君は、とっても甘えん坊で、ぐるぐる喉を鳴らして甘える子でした。

かといって、普通の猫のように過ごせるわけではありません。

なぜならこういった発作は、無意識に暴れてしまうので、思わぬケガや打ち所が悪いと障害が残る恐れがあり、いつ何があってもいいように安全な環境で過ごさなくてはいけません。さらに全盲のレオ君です・・・お世話するボラさんの気遣い心配は相当なものだったと思います。

 

ベテランボラさん数人がお世話していたのですが、

「最近、薬が効いてきたのか、発作もなく落ち着いてきたかも…」と報告のあったしばらく後に、急な下痢嘔吐があり、あっという間に、亡くなってしまいました。

4月3日のことでした。

たくさんのお花に囲まれて空に昇って行ったレオ君。

 

どのような辛い目にあって視力を失い箱の中に入れられ寒いところに置き去りにされたんでしょうか。

箱に入れたニンゲンの顔はレオ君しか知りません。

 

 

 

今は、苦痛も不自由さもなくなって、

本当のレオ君の姿に戻っていることでしょう。

 

 

 

 

命からがらアニサポにやってくる子はたくさんいて、

今までにも残念ながら皆さんにお目にかかることなく、亡くなってしまった子もおりました。どの子も、アニサポの子として手厚く弔っています。

 

レオ君は

必ず良くなると信じていたので、

「アニサポ☆ホスピタル」というページに「募集に向けてケア中」とご紹介していました。

回復を祈っていた方もみえるかも・・・と思いまして、

つらいご報告で大変申し訳ないのですが、お話しさせていただきました。

応援ありがとうございました。

 

苦しんでいる子はレオ君だけではないのですが、お心を寄せていただけたら、レオ君も早く生まれ変わって、今度は一生大切にしてくださる方のもとへやってくるのではないか、と思います。

0 コメント

2017年

4月

10日

4月譲渡会ありがとうございました!

週末に向けて 何度も、何度も天気予報を見て、

50%60%70%・・・・はぁ~

とため息をついていたのですが、

おお!いつの間にか、降水確率が、だんだん下がってる~

そして迎えた当日!

朝も雨降ってる(´;ω;`)ちーん

ちょっぴり濡れながら準備を始めたんですが・・・

だんだん、明るくなる長楽寺さんの空!

 

スタートのころには、

気持ちの良いお天気に~♪

晴れた~晴れた~

神がかり~♪

(でも足元はぐちゃぐちゃぁああ~、上だけ向いていこ~!)

 

こんなお天気でもたくさんの方にご来場いただきましてありがとうございました!

熱心なご希望者様。

支援物資をもってきてくださった方々。

フリマでお買い物してくださった方。

遊びに来てくださった里親さん!

皆様、ありがとうございました~

 

お陰様で、たくさんのご応募をいただきました。

お互いいい出会いになったらいいなぁ・・・

1週間ほどの間に、ご縁を確実に結ぶためたくさん相談してたくさんお電話していきますね。よろしくお願いいたします。

 

で、ご来場いただいた方は

ん?

なに?

どこの?

報道?

密着?

 

と思われたかもしれませんが、

「情熱なんとか」とか、「クローズなんとか」とかではありません、あはは

かといって「志村なんとか」でもありません、あはは

 

込み合った会場でご迷惑おかけしました。

お気遣いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2 コメント

2017年

4月

05日

チャリ

いつもご支援ありがとうございます。

昨年夏にアニサポの子を迎えていただいた里親さんのお店で、こんなチャリティ活動を始めてくださったそうで、お知らせいただきました。

 

「フードロスを無くしてチャリティーにつなげる珈琲豆」略して「チャリ豆」

素敵~なんか、ネーミングも素敵~♡

ほんとお気持ちがうれしいです。

 

静岡県掛川市の里親さんなので、私たちもなかなかお邪魔することはできませんが、こういったことをやっていただいていると思うと、とっても心が温かくなります。

ありがとうございます。

 

 

ちょうど以前から、ご支援いただいている、パン屋の「アンバーテール」さん(三重県桑名市)のチャリティーラスクも、お忙しくて一時休止されていましたが、再開され、お客様にご支持いただいているそうで、また売り上げ分=募金を受け取りに来てくださいね~とお知らせいただきました。こちらは、チャリティーラスクだから「チャリラス」かな?

 

自営業ってやることに、きりがなくてずっと忙しいと思うんです。

その中で、このようにお心を寄せてもらえること 

本当に、ありがとうございます。

 

 

 

いろいろなチャリが、広がって、たくさんの子が救われますように。

0 コメント

2017年

4月

03日

今週末は譲渡会☆祈!晴天

いつもご支援ありがとうございます。

日曜日の譲渡会に向けて、募集中の子たちの情報も整い、ホームページや里親募集のネット掲示板のほうも整って…体調や、天候によってはお休みの子もいるかもしれませんが、今回も、かわいい子がたくさんそろいましたよ~

 

ただ・・・

今のところ、天気予報が、降水確率50%とか60%なんです・・・・

晴れ女が多いアニサポなんで、まだまだ、ぎりぎりまであきらめてはいません!

強く念じております!

晴れますように、晴れますように、晴れますように

 

皆さんも、今週末は、お花見を楽しみにしている方、いらっしゃいますよね~

やっぱり、晴れがいいですよね~

待ちに待った、満開の桜!

名古屋城の桜も、五条川の桜も、鶴舞公園の桜も、

み~んな晴れますように。

そして、長楽寺さんも晴れますように☆

 

皆さん一緒に願掛けしましょ~

 

 

 

 

悪天候でも、譲渡会は実施します。

ただ、お休みする子が出てくる場合もありますので、その場合は直前になりますが、ホームページのお知らせしますので、ご確認ください。

0 コメント

2017年

3月

30日

アニサポでよかったと思ういくつかの理由(注☆自画自賛大いに含む)

いつも応援ありがとうございます!

 

最近、ある機会があって、「保護活動って何?」「アニサポってどんなグループ?」っていうことを改めて話し合ったりしたんです。

アニサポには、いつか、保護活動をしたかったっていうボラ初心者さんや、個人でコツコツされていた人、もともと保護活動をあれこれいろいろな団体でしていて、いつしかアニサポに合流してきた人も、多くいらっしゃいます。どうして、アニサポに来てくれたんかなぁ…こんないい人、ほかの団体でも貴重な人材だっただろうにっていう人もいます。保護活動のことよく知っているベテランさんも多いです。

 

この東海エリアでも、犬猫のために活動されている団体さんや個人ボラさんがたくさんいらっしゃって、処分をなくしたい、不幸な子を減らしたいと目標や思いは一緒だと思うんですが、それぞれのやり方、それぞれの考え方のようです。

多くのボラさんや、団体さんと関わればかかわるほど、「ええ~何でぇ?それって、犬猫のためにならないよね」ってことや、「ええ~そんなん世の中に知れ渡ったら、めっちゃ非難されるんじゃない?(背筋寒っ)」ってことも。ちらほら。

 

可哀そうだからと保護すること、引き取ることばかりに夢中になって、すぐに犬猫あふれるもんだから、譲渡するための行動があまりにいい加減。そんなゆるい譲渡条件で、譲渡するかな…ええ?…その子、外飼いでOKにする?ええ~?今時、自宅訪問しない?訪問しても、そんな飼い方OKしたんじゃ意味ないじゃん!って・・・基本的な譲渡に係る考え方の違いとか。

「こんなひどい子保護しました!支援金を!」ってばっかり「ついったー」とかしてて、治療は後回し。とりあえずシェルターに置きっぱなしになってるって話や。(裏話:病院の治療台の上で、写真を撮ってSNSに載せているからといって、治療しているとは限りませんよ。診察、相談だけで帰ることだってできますからね)

「イイね!」や「ぽちっ」がほしくて、ネタばかり追いかけているSNSマニアのボラや。

他の団体より自分の団体を大きく立派にしたいのか?他団体攻撃に熱心な代表さんとか。

 

そういう話を嫌でも知ってしまうと、

ガッカリしてしまいます。

 

ボランティア活動なんで、自己実現の面や、生き甲斐だったりするのはそうなんですけど…時々、社会貢献できている自分にうっとりするのは自由なんだけど…

でも、犬猫のボラは、「物言えない子たちの命」がかかってるんですよね…ネタでもないし、テキトーではいけないし、「ああ、失敗した」「ああ、死んじゃった」では済まないんですよね。

すごく自己規制して、一つの命にこだわっていかないと、意味がないんです。

10っ子保護したら、10っ子の子が幸せにならないと、意味がないんです。

 

そんな思いで回っているアニサポなんで、時に、先輩ボラから、きびし~ご指導があったりします。それが、芯から理解してもらえないと、一緒にやっていくことは難しいです。

周りの団体さんに対しても、私たちではとてもそんなことはできないわ!すごい!ってリスペクトできる方もみえるし、一緒に何とかしましょう!って協力し合ったり、逆に、エラそうに、ちょちょ、ちょっと(;^_^A…こうしたほうがいいと思いますよ…って口出ししてみたりもしてしまいます。

 

ガッカリすることもあるけど、

保護する人たちがたくさんいないと、処分数は減らないので、

みんなでレベルアップ、していかないとね。

 

そんな気持ちでいます。

 

そして、その心のよりどころとしてのアニサポ!

大事なことってここだよね?って価値観がふつーに共有できるって素敵!

そんな仲間がいることが、とってもありがたいです。

一人じゃとてもここまでのことはできなかった!ってみんなが思えるアニサポに、これからもしていきたいです。

 

 

 

 

 

続きを読む

2017年

3月

28日

犬猫を捨てて幸せになれるのなら。

いつもご支援ありがとうございます。

なかなか更新されないアニサポブログをじっと見守っていただける優しい皆さんのお気持ち、ありがたいです。(あ、もうそんなマメな更新なんてこと、とっくにあきらめてる、って。。。?)

 

沈黙の間にもやはりいろいろありまして、

例えば、

今までも何度も経験していますが、飼育困難の子を飼い主から引き取っています。

 

様々な事情があっても、

一時でもかわいがっていた犬猫を手放したいと思うなんて、

私には信じられないけど、

 

ボランティアに相談してくるのは、

その辺の道や山や、海岸に捨てるよりは、

愛情があって分別があるってことなんでしょうか…

 

ま、捨てる人の気持ちはいつまでたってもわからないのですが、

 

犬猫を手放して、

その分、その飼い主や、その飼い主家族が幸せになるんでしょうかね。

夫婦や、子供も一緒に連れて、手放しに来る…最後のお別れということでしょうか?

その様子を見て、

この子供たちは、これからどんな人生を送るんだろうと、

犬猫をパパママが捨ててくれた分、

手間と時間とお金をかけてもらって、幸せに暮らすんだろうか…と、

いつも思います。

 

私たちボラは、引き取った犬猫は確実に間違いなく幸せになってもらうよう、

みんなで協力してケアしていきますが、

犬猫一匹育てる余裕を失った両親に

子供育てることができるんでしょうか…

どうか、周りの方の力を借りてでも、大切にしてあげてほしいと思います。

 

私たちは何もできませんが、

それこそ、子供は、国の宝、

国や市町村や行政や、しかるべき方が、守ってあげてほしいと、切に願います。

 

 

 

 

他にも、

冬季休業中だった、アニサポ保育園、ついに今年の赤ちゃん猫たちがやってきまして、「おお~やっぱり、かわいいなぁ♡♡♡」みんなで、悶えております。

 

体調安定しない子や、けがのケア中の子、など、

大変な日々のお世話もコツコツ続けております。

 

 

 

今後とも、ご支援お願いいたします。

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

23日

(拡散希望)迷子犬 名古屋市中村区→見つかりました!

 (( 無事見つかりました!ご協力ありがとうございました。今後、このような辛い思いをしないように、室内飼育に移行していくそうです。))

 

 

白い犬を探しています。

 

名古屋市中村区野田町より

 

 

 

柴犬 白  オス  14

 

体重 9.6キロ 中型サイズ

 

首輪 青 連絡先が書いてある

 

 

 

高齢ですが、走ったりもして元気です。

 

 

 

201732019時半に見たのを最後に、自宅から首輪、リードごと居なくなりました。

 

 

 

自宅敷地からは、犬だけでは出られないようになっています。

 

庭に揚げ物の様なものが落ちていました。

 

 

 

脱走か、何か理由があっていなくなったのかわかりませんが、家族で必死にさがしています。

 

 

 

見かけた方、情報お持ちの方は、お知らください!

 

 

 

電話の場合、中村警察署 会計課 落し物係  0524520110までご連絡お願いします。

 

0 コメント

2017年

3月

09日

12日(日)は譲渡会です!

いつもご支援ありがとうございます!

今週日曜日は、譲渡会です!

ボラ一同、みんなで必死にお世話した子たちを

皆様に見ていただく日です!

(仮)親バカ全開で、こんないいモノ隠し持ってましたのよ~写真では伝わらないこの子の可愛さをじわじわ感じてくださいねぇ~って、自慢げにふるまってしまうと思いますが、なにとぞご容赦くださいませ。

 

特に今回は、チーム☆チワワっ子たちが集結します!

チワワ愛たっぷりの方には、この子たちの良さも、面白さも、わかっていただけると思います!ぜひ、会いに来てやってください!

 

参加予定の子は、

「ご家族募集ワンちゃん」「ご家族募集ネコちゃん」のページでご確認ください。

(譲渡会をお休みする子は、前日までに、ホームページにてお知らせします)

 

 

 

 

お天気は上々の晴れ予想!

温かい春の陽気を期待っ!

 

ただ、あいにく、日曜日は、毎年恒例の名古屋ウイメンズマラソンが開催されますので、長楽寺さん周辺は、渋滞が予想されます。お出かけの際は時間に余裕を持ったお越しください。特に長楽寺さんより北のエリアからお越しになる場合は、周辺の交通規制をご確認のうえ、ご来場くださいませ。

 

0 コメント

2017年

3月

02日

都合のいいお母さんのいつもの作戦

いつもご支援ありがとうございます!

 

ただいま、猫少なめ、犬増量中のアニサポです。

子猫の少ない時期なんで、数でいうと猫ちゃんは少なめですね。

 

で、増量中の

犬たちなんですけど…

 

なかなか、パワフルな子が来てまして、

おお~!チワワなのにこんなことする~!!!っと、ボラものけぞったりしております。

いや、犬好きの方ならご存知だと思いますが、チワワって犬種は、「小っちゃくてかわいい♡」ってそれは見た目だけで、勇敢で、パワフルで、行動的です。

 

この「犬種の特徴」ってのは、

犬たちを理解する時に、うまいこと利用していく必要があります。

 

保護犬は、どのように生まれ、どのように育ってきたのか、わからない子がほとんどです。ポ~ンと、我が家にやってきて、「さて、君はどんな子?」って見つめたときに、まずは、犬種のくくりで見てみたり、逆に、犬種を考えないで、見つめてみたりして、その子の特性を探って、それに合わせて対応していきます。

長年にわたって培われた性格や、癖、その子の文化は、簡単には変わりませんからね。こちらが、それに合わせてあげていいほうに導いてあげたほうがいいんです。

 

で、数日すると、

いいところ、いまいちなところ、直してほしいところ…

などなど分かってきますよね。

 

 

で、そこでです!

その子のいいところは、「その子が持って生まれたキラキラしたところ、苦しい境遇でも失わなかった素晴らしいところ!なんてアナタはいい子なのぉ!」と絶賛する。

そしてその子のイマイチなところは…「ああ~、この犬種はそういうもんだよね~そういう子いるよね~」と、犬種のせいにする!!!あはは~

さっきの例でいうと、

チワワってそんなもんだよね~って、言いきっちゃう。

 

これが、平和で、お互いストレスのない解決方法です。

 

この方法は、

ニンゲンの子育てをされている方もよくやりませんか?

 

「うちの子ってなんでこうなんだろ…↓↓」

とわが子の欠点ばかりにとらわれているときに、

「・・・・もう、そういうところ、旦那にそっくり!」って父親のせいにする作戦です。

あはは~

この作戦で、もう欠点ばかり見ないで、

もちょっと、前向きに、カワイイところも見てお世話頑張りましょ~ね。

 

ということで、アニサポにやってきた子は、

みんな、日々カワイイいい子になって順調に成長してますよ~

 

 

0 コメント

2017年

2月

20日

2択⁉

いつもたくさんの応援ありがとうございます。

ただいま、2月の譲渡会分、里親様決定&お届け、強化週間でございます!

行先の決まった子、お届待ちなどいろいろあってホームページを書き換えてもらったら、

今回お話が決まらなかった子が、

ワンコ 2

ニャンコ 2

って・・・えええ!今、「犬がほしいんです~」とか、「保護猫を検討してるんです~」とかアニサポに問い合わせると、

「えっと、じゃ、ノエルと、アディどっちにします?」

「猫だと、まりもか、あや子かどっちがいいです?」

みたいな、2択!になるわけで?

 

 

こんなにせっせと、保護してせっせとケアして毎日お世話頑張ってるのに~

これだけしか、犬猫居ないのぉ?

と、ボラからしたら思いますが、

それだけたくさんの皆さんが、里親になることを検討してくださってるってことなんですよね。ほんとありがたい時代になったもんです。

 

いや、実際は、ケア中の子や、保護したばかりでまだ募集をしていない子もいますので、もう少しで、ホームページはそれなりに賑やかになると思うんですけどね。

 

 

まだ、まだ、

助けを待ってる子もいます。

アニサポも、空いたボラさんがいたら、順番に保護をしています。

ホームページの画面の裏側?向こう側?もちょっと想像していただきながら、今後ともご支援お願いいたします!

 

 

0 コメント

2017年

2月

12日

譲渡会ありがとうございました!

今日の譲渡会も、たくさんのご来場者様にお越しいただきましてありがとうございました!

 

前日の夕方から夜にかけて雪が降り、朝方は白くなっている地方もあったため、どんなことになるやら…と心配しておりましたが、思った以上に穏やかな日となりちょっとホッとしました。

日が陰り、風が吹くとさすがに2月、とっても寒い時間帯もありましたが、抱っこしたり、風よけを増やしたりして何とかやり過ごし、最後までみんな(犬猫も、ニンゲンも)頑張りました。

 

里親希望様はたくさん来ていただき、フリマや、ご寄付もたくさんいただき、卒業ワンコちゃんもたくさん来ていただいて、ボラ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。(写真はご寄付いただいたものの一部です。寒い中、重いものを持ってきてくださってありがとうございました!)

 

今回も良い里親さんからのお申し込みをたくさんいただいておりますので、同じ子に複数のお申し込みをいただいている状況です。

これから数日は、迷いに迷い、悩みに悩み、相談しまくってお話を進めさせていただきます。

 

 

こんなに、保護犬猫がほしいって言っていただける方がたくさんいるのに、

どうして保護される子はなくならないの?

捨てられる子はなくならないの?

処分される子はなくならないの?

と、いつも思いますが。

 

 

お声のかかった子は、

お話がまとまれば、数日で、預かりさんとお別れして新しい生活に入ります…

保護犬猫☆代表選手として正々堂々自信をもって旅立てますように。

「頑張っていってくるんだよ!」って見送ってあげたいと思います。

 

「1回ぐらい運悪く捨てられたって、また幸せになれるんだよ!だってボク、こんなにかわいいんだもん、こんなにいい子なんだもん!」って、しっかり世の中にアピールするんだよ!

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

2月

10日

白い小型犬 捜索中 in 四日市 チラシ配布協力者募集

昨日から引き続いて、白い小さめの犬を何人ものボラさん協力して探しています。

簡単なチラシを用意したので、目撃情報付近に配布しようと思います。

 

まずは、明日、というか、もう今日ですね、10日も行います!

 

現地集合にて、チラシを配りつつ探していただける方、

以下の連絡先にお願いします。

 

 

 

 

白い小型犬を探しています!

(マルチーズ風、白い小さい犬、白いケガをしている犬など、見かけた方はいろいろな表現をされていますが、画像がないため、はっきりしていません)

 

  
                
  目撃情報             
◆ 2月8日(水)午前11時50分頃              
    四日市市 下さざらい町東交差点を            
   66号線桑名方面から見て、左に曲がったのを目撃。            
   川北1丁目方面に行った。            
               
◆ 2月6日(月)夕方              
   アクエア・メディカル・ステーションの駐車場            
     (大矢知 Fマート近く)            
               
◆ 1月31日~2月3日              
   北永団地内(四日市市広永町)で連日午前中            
                
               
 目撃された方は連絡をお願いします。              
  可能であれば保護をお願い致します。             
               
               
  四日市動物愛護団体 つむぎ       http://ameblo.jp/tumugi0401      
   080-4218-2783            
               
  アニマルサポートわんわんわん       https://animalsupport111.jimdo.com/      
   090-4193-0473            
               
               
               

 

0 コメント

2017年

2月

08日

「マルチーズ風白い小型犬」四日市~朝日町にて放浪中!

知り合いの団体さんから情報があり、

ガリガリに痩せてさまよっているワンコがいるとのこと。

別団体さんの案件とはいえ、居ても立ってもいられず、日曜日、そして今日も、アニサポメンバー数人も探しに行っております。ついさっき「やっぱりいなかったわ…」と連絡が。こんな深夜に、目撃情報のあったところを探してきてくれたメンバー…(こんな時間に居ないかな、見つからないかなと思っても、行ってしまうのです…そんな人たち多数)

 

以下に探している団体さんからの詳しい情報を貼りますので、

ぜひご協力をお願いいたします。

 

 「緊急で保護をお願いします!」  

四日市動物愛護団体 つむぎ さん

0 コメント

2017年

2月

06日

里親さんの思いも

皆様のご支援、ありがとうございます!

お陰様で、今日もアニサポ滞在中のわんこにゃんこの皆様は、元気にのびのび過ごしています!

 

お礼に、のびのび~っとした癒し効果のある画像を1枚でもお届けしようとしましたが、サーバーの容量がいっぱいで、アップできませ~んと、ホームページさんに叱られました。

ケチね、ちょっとぐらい遊ばせてくれてもいいやん。と思いましたが、「無料」の範囲にしがみついてやりくりしているケチは、アニサポのほうでした。

 

そんなわけで、お遊びもなく本日は主題に入らせていただきます・・・

 

 

 

 

 

多くのボラさんが経験されていることと思いますが、

自分のちょっと昔のことを思い返しても…

 

お世話していた子を里親さんに託すときは、いろいろなことが、心配になってしまい、ついつい、あれこれ、言いたくなってしまったり、クドクド説明お願いをしてしまったり…

 

ある時、

たまたまお友達になった「犬を保護団体から引き取った人」が話してくれたんですね。

「この子を引き取って、自分なりに大切にお世話してるんだけど、どうしても何年たっても、この子の向こうにお世話していたボラさんの顔が見えてしまうんだよね…だから、なんか、とっても悪いことをしても本気で叱れなかったり、自分がすご~く体調悪くてもお世話だけは…って無理しちゃったりね…ボラさんの思いを知ってるだけに、それに遠慮して縛られることもあるんだよね~」って教えてくれて、ハッとしたんですよね。

 

ああ!私は、犬猫のためと思って、一生懸命やってたつもりが、この子たちが本当の家族のもとに行ってからも、邪魔しちゃってるんじゃないかって!本気で叱ってくれることってとっても大事だし、犬猫も「家族」なんだから、我慢しなきゃいけない時、一緒に乗り越えなくちゃいけない時ってあると思うんですね。(例えば、誰かが病気の時だったら、その日はお散歩がちゃんとできなくなったり、ご飯の時間が遅くなっちゃっても、しょうがないことですよね?ちょっと我慢するって大事な経験だと思うんです。)それをちょっと世話しただけのボラが邪魔しちゃってる。

ああ、そういうことってあるんだな、里親になった人の気持ちって考えたこともなかったな…って。

 

 

今までの里親さんが、私たちが、こんな感じでかわいがっていただけたらいいなぁ~って妄想している以上のことをしてくださっていることから考えても、私たちボラが、一番しっかり考えて対応しなければいけないのは、「里親さんを選ぶ時」だと思います。

「この人なら、きっと大丈夫!」っていう確信です。

確信したらあとは信じてお任せする。

お任せさえしたら、一生懸命してくださる方にお願いする。

そんな思いで選ばせていただいています。

 

 

確信できるまではいろいろお尋ねしたり、お話したりします。

ご相談ご質問には誠心誠意答えます。

そして、正式譲渡になってからは「実家の親」のつもりで、見守り、幸せを祈るのみです。

 

アニサポでは、里親さんを選ぶとき複数のボラが話し合って決めさせていただいています。そのため、譲渡会や、お問い合わせにメールや、その後に何度かお電話して細かいことも確認させていただくことがございます。

 

まだまだ、いろいろな経験値を上げていかなくちゃならないアニサポですが、そういった里親さんの気持ちも忘れないで進めていけてらなぁと思っています。

 

 

 

 

どの子にも、

「この子にピッタリなお家」

「安心してお任せできるご家族」

が見つかりますように☆

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

1月

29日

<<拡散希望>>放浪犬がいます!白い短毛ミックス犬@愛西市

飼い主さんの情報、探している方の情報、この犬についての情報を求めています!

 

恐れ入りますが、

ブログやSNSなどで、情報拡散をお願いいたします!

 

特に、愛西市、弥富市、津島市、など近隣の方、犬猫保護ボランティアの皆様、ご協力をお願いします!

 

 

 

2週間ほど前から、愛知県愛西市西保町に、放浪している犬がいます。

通報者様が、探している人がいるのでは?と、保健所、動物病院、ネット、ご近所など声をかけられましたが、情報がないようです。

 

怖がりのようで、近づこうとすると、人と距離をとりながら、田畑や、民家の周りを走り逃げ回ります。保護してあげたいのですが、警戒心が強く、エサなどで、簡単に寄ってくるようなタイプの子ではありません。上の写真は、望遠レンズで、撮影されました。

 

特徴は、

短毛中型犬、

首輪あり(色は不明・・・赤っぽいかもしれませんが、毛の中に入っていて、はっきりしません

性別不明(オスかもしれません

左耳が、折れ耳かもしれません

 

 

飼い主さんが呼べば、保護できるかもしれません。

何とか、元気なうちに保護してあげたいです。

 

以下にも、別の写真を載せます。

 

続きを読む 0 コメント