2017年

3月

28日

犬猫を捨てて幸せになれるのなら。

いつもご支援ありがとうございます。

なかなか更新されないアニサポブログをじっと見守っていただける優しい皆さんのお気持ち、ありがたいです。(あ、もうそんなマメな更新なんてこと、とっくにあきらめてる、って。。。?)

 

沈黙の間にもやはりいろいろありまして、

例えば、

今までも何度も経験していますが、飼育困難の子を飼い主から引き取っています。

 

様々な事情があっても、

一時でもかわいがっていた犬猫を手放したいと思うなんて、

私には信じられないけど、

 

ボランティアに相談してくるのは、

その辺の道や山や、海岸に捨てるよりは、

愛情があって分別があるってことなんでしょうか…

 

ま、捨てる人の気持ちはいつまでたってもわからないのですが、

 

犬猫を手放して、

その分、その飼い主や、その飼い主家族が幸せになるんでしょうかね。

夫婦や、子供も一緒に連れて、手放しに来る…最後のお別れということでしょうか?

その様子を見て、

この子供たちは、これからどんな人生を送るんだろうと、

犬猫をパパママが捨ててくれた分、

手間と時間とお金をかけてもらって、幸せに暮らすんだろうか…と、

いつも思います。

 

私たちボラは、引き取った犬猫は確実に間違いなく幸せになってもらうよう、

みんなで協力してケアしていきますが、

犬猫一匹育てる余裕を失った両親に

子供育てることができるんでしょうか…

どうか、周りの方の力を借りてでも、大切にしてあげてほしいと思います。

 

私たちは何もできませんが、

それこそ、子供は、国の宝、

国や市町村や行政や、しかるべき方が、守ってあげてほしいと、切に願います。

 

 

 

 

他にも、

冬季休業中だった、アニサポ保育園、ついに今年の赤ちゃん猫たちがやってきまして、「おお~やっぱり、かわいいなぁ♡♡♡」みんなで、悶えております。

 

体調安定しない子や、けがのケア中の子、など、

大変な日々のお世話もコツコツ続けております。

 

 

 

今後とも、ご支援お願いいたします。